トップページに戻る

今月の特集

今月に戻る バックナンバーへ

2007年11月

 
ホテルにとことんこだわる旅 旅行  特集


スペシャル・インタビュー
フォーシーズンズ・ホテル
セールス・マネージャー  藤田哲夫さん


ゲストが主役になれる」豪華ホテルが続々誕生

 今、世界各地で豪華ホテルのオープンラッシュが続いています。来年、東京にはザ・リッツカールトン・ホテルとペニンシュラ・ホテルが開業。シンガポールにもセントレジスが誕生予定です。また、今年は有名ブランドのブルガリがバリにリゾートを開き、話題を呼びました。

 最高級ホテルとして名高いフォーシーズンズも今年、モルディブやタイに新たなホテルをオープンさせ注目を集めています。続々と新たなホテルができる時代背景を藤田さんはこう語ります。

「ホテルは泊まるだけの場所という時代は終わり。ゲストのニーズが変化し、心癒される空間とサービスをお金よりも重視するようになっています」 ゲストのニーズとは具体的にどのようなものだろう。

「ホテルはいわば劇場のようなもの。そして、ゲストが主役。最高の演出ができるよう、個々のニーズに応え、それを超えるサービスを目指すのが私たちの仕事です。例えば、フォーシーズンズではゲストの記録を付けており、冷たいものを嫌う方には常温でジュースをお出しするとか、そんな小さなことにも気を配ってます」

 なるほど、それをさらりとこなしてこそ、豪華ホテル。私たちはそこに最高の癒しを感じ、よりよいホテルを求めるのかもしれません。

「もちろん、ファシリティーにも最良を尽くします。フォーシーズンズの新しいタイのリゾートは、密林にテントというスタイル。土地柄に合ったインテリアやサービスを心がけています」

 ああ、私も海辺のプリンセスになりたい、そんな想像が膨らんできたら、次の休暇はリュクスを極めたリゾートへ!


● タイ/クラビ(ランタ島)
ピマライ・リゾート&スパ  Pimalai Resort & Spa

一度は訪れたい、ビーチリゾートの秘境

ジャングルと潮の香りを満喫
 石灰質の地形が複雑な景観を見せ、クラビ&ランタ島周辺の手付かずの自然に隣接する、広大な敷地を持つピマライ・リゾート&スパ。白く細かな砂浜が900mも延々と続くプライベート・ビーチでは、アンダマン海に沈む美しい夕焼けに照らされて、宿泊客だけの静かなひとときを過ごすことができます。今年完成したばかりの高台に位置するプール・ヴィラでは、絶景を楽しみながら、のんびりヴァカンス気分に浸りましょう。

 室内のインテリアは、南タイ様式の上品なテイストでまとめられています。青々とした熱帯植物やココナツ椰子に囲まれ佇む、隠れ家のようなヴィラは広くて快適。プライベート・ビーチへ直接繋がっているのもうれしくなります。

豊かな自然をさらに体感できるスパ
 「ピマライ・スパ」では、茅葺屋根の7室のトリートメント・ルームと、随所に飾られたトロピカル・フラワーや緑溢れる庭が、訪れるゲストの目を楽しませてくれます。
 スパのパッケージは、ゆったりとトリートメントに身を任せる「ピマライ・パンパーリングパッケージ@TB3800」(2時間30分)などがあります。

旅のプロがおすすめする理由 (グリーン・ホリデー)
11月下旬から4月末頃までが乾季のオンシーズンです。空はどこまでも青く、ビーチと海の輝きも大変素晴らしいです。天気が良いこの時期に、ぜひ訪れてください。
タイガー・エアが、クラビへ毎日就航するようになり、この秘境へのアクセスが大変便利になりました。
③海と自然を楽しむ豊富で多彩なアクティビティーでは、近辺の島を訪ねたり、シュノーケリング、ダイビング、シーカヤック、クルージング、釣りや洞窟探検、タイ・クッキングクラスなど、ゲストを飽きさせることがありません。

● タイ/サムイ島
サムイ・ブリ・ビーチ・リゾート&スパ 
Samui Buri Beach Resort & Spa

タイ伝統建築で過ごす海辺の思い出

タイ伝統建築に魅せられる
 サムイ島は椰子の木より高い建物を建てないエコな島。別名「ココナッツ・アイランド」と呼ばれるほど椰子が多く、豊かな自然が残っています。 ホテル敷地内には、緑のなかに溶け込むようにヴィラがそこここに。
アユタヤ地方をはじめ、4つの異なる地域の伝統建築を生かした独特な趣があるヴィラが用意され、好みの様式を選べる楽しさがあります。また、トラディショナルなタイ建築を眺めながらの散歩は、心をほぐしてくれそうです。


静かなビーチにニューオープン
 ホワイトサンドと透明な海がまぶしいメナム・ビーチ。そんな海辺の輝きに負けないくらい清潔感あふれる、誕生したばかりのこのホテルなら、心透き通るような休日を過ごせそう。
 椰子の木とパラソルが彩るプライベート・ビーチは、記憶に残るひとときをプレゼントしてくれるでしょう。

旅のプロがおすすめする理由 (産経旅行)
①メナム・ビーチは空港に近く、アクセスがスムーズ。落ち着いた雰囲気も人気です。
②ホテル内のレストランで楽しめるシェフの創作料理はぜひお試しください。
客室数があまり多くないので、プライベート感を大切にしたいカップルやご家族におすすめです。
④年末、お部屋をご用意しています。

● モルディブ/クダフラ島

フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アット・クダフラFour Seasons Resort Maldives at Kuda Huraa

海、空、風と一体になるアイランドステイ

新しいステージの幕開け
 澄み切った海に抱かれた、クダフラ島の自然美を生かしたアイランド・リゾート。しかし、自然との共存は、ときにその洗礼を受けることも。一昨年の津波の影響を受け、リゾートは一時的なクローズになっていました。そして今年9月、ビーチバンガローの新設をはじめ、アップグレードした施設とともに再スタート。一流のコレクションが揃うワインセラー、ラグーン上の魅惑的なダイニング、海の恵みあふれる極上スパなど、ゲストをもてなす最高の準備をし、リゾートは祝福に満ちて新たな一歩を踏み出しました。

海の探検クルーズ
 島での滞在に加えて楽しみなのが、エクスプローラー。遠隔の小島や環礁を巡る贅沢なクルーズは、モルディブの海を心ゆくまで満喫させてくれます。スキューバダイビングなどのマリンスポーツをしたり、無人島へ上陸したり、心躍る休日を。

旅のプロがおすすめする理由 JTB
①水上に建つウォーターバンガローなど、多彩な部屋のカテゴリーが用意されています。
②5つのダイニング・アウトレットで一流の料理を堪能できます。
リゾートからボートで1分の小島にある「アイランドスパ」がさらに広くなりました。至福のスパ体験を
1131日まで「4泊目は無料のソフトオープニング・キャンペーン」中! お得な滞在が可能です。(4泊目にも税金20Sドルはかかります)

● インドネシア/バリ
ザ・リッツカールトン・バリ・リゾート&スパ
The Ritz-Carlton Bali Resort & Spa
インド洋に抱かれながら過ごす、心地よい休日

インド洋に抱かれながら過ごす、心地よい休日
 世界にその名を知らしめたザ・リッツカールトン・バリのスパ。数々の贅沢なトリートメントのなかでも最大の目玉は、アクアトニック海水ジェットプールです。インド洋から汲み上げた海水を適温に調整した
650・の広いプールでのジェットマッサージは、ヒ―リング作用とたっぷりのミネラル補給で、心と体に効きそう。

特別な休日を叶える場所
 暮れ行くインド洋を眺めながらのロマンティック・キャンドルディナーは、とっておきの思い出になるでしょう。新しく誕生したクリフ・ヴィラ・エリアのバーやダイニングでも、大人の素敵な夜を演出してくれます。  広大な敷地に建ち、輝くような大海原を見渡たせる客室やプライベート・プール付のヴィラは、ゆったりとした特別なひとときを約束する空間です。

旅のプロがおすすめする理由 郵船トラベル
今年9月、新たに海水を引き入れたプールが誕生。そこから眺める、海水に映る夕日はとてもロマンティックです。
②和食「本膳」レストランも8月に、新装開店。寿司、鉄板焼、焼肉などを楽しめます。個室も多くご家族連れの便利です。
訪れる度に心地よいサプライズふがある、進化するリゾート!数多くのスタッフによるきめ細かなサービスが心地よく、リピーターが多いのもうなずけます。
● インドネシア/バリ
パヴィリオンズ Pavilions
青竹のそよぎに誘われ、隠れ家ヴィラへ

プライベート・ヴィラで朝食を

 古くからバリの別荘地として知られてきた、味わい深くのどかな町、サヌール。メインストリートから折れ、竹林の小道を行くと、静かな佇まいの白い門柱が見えてきます。涼やかな竹に囲まれた敷地内には、アランアラン(萱葺き)の屋根を持つ、バリ伝統様式を生かした23のヴィラが点在。そのうち18のヴィラにはプライベート・プールが用意され、庭への扉を全開にすると、部屋から庭、プールまで一体となった開放感あふれる空間を独り占めできるようになっています。
 最高の贅沢は、ヴィラで朝食をとれる幸せ。大切な人との時間を愉しんで。

癒しのバリニーズ・スパ
シェア・プール、カフェ、スパなどを備えているのも魅力。スパではバリ式マッサージを堪能できます。 ビーチまでは歩いて3分。心身ともに癒されたら、海まで散歩に出かけましょう。

旅のプロがおすすめする理由 (プライム・トラベル &ツアー)
憧れのプール付きヴィラに良心的な価格で宿泊可能です!
②熟練したセラピストによるスパはぜひ体験してください! フットバスとアロママッサージの「パヴィリオンズ・シグネチャー・マッサージ」(60US25ドル)など気軽に試して。
③長期滞在者にはキッチン付きのヴィラがおすすめです。
④敷地内は24時間セキュリティにより守られ、安心して滞在できます。

● ベトナム/ホイアン
ホイアン・リバーサイド・リゾート Hoian Riverside Resort
たゆたう川沿いに佇む、趣あるヴィラ

ノスタルジックなひとときを
 世界遺産の古い都、ベトナムのホイアン。町を流れるトゥーボン川支流のおだやかな川辺に知る人ぞ知るヴィラタイプのホテルがあります。緑豊かなガーデンに13棟のヴィラが並び、見事に手入れされたガーデンとプール周りは、トロピカルな雰囲気です。
 ホテルからのシャトルバスを利用して、ノスタルジックな町並みの景色に浸ったり、静かな美しいビーチで深呼吸してみては。

ハイセンスなインテリア
 オーナーは高級シルク製品で知られる「Khai Silk」のデザイナー。そのセンスを充分に発揮した客室のインテリアは、洗練されたアジアンテイストでまとめられ、独自の趣が感じられます。
 ホテル内には、川向こうの田園風景を眺めながらゆったりと食事ができるレストランやバーがあり、そのプライベート感は隠れ家ホテルにふさわしいムードです。


旅のプロがおすすめする理由  (トリップスインターナショナル)
周囲は野原や田んぼ、木々の静けさに囲まれ、心からリラックスできる空間です。
②ゲストルームはバスタブがなくシャワーのみといったように客室の贅沢さ、ラグジュアリー感はありませんが、高級大型ホテルにはないセンスの良さで魅せてくれます。
③ホイアンの旧市街とビーチへ、シャトルバスサービスがあります。


アクセス解析
アクセス解析|ヨガ|ダイエット|アクセス解析