トップページに戻る

今月の特集

生活「教育」ページへ バックナンバーへ

2005年4月 

語学学校 特集
〜新たな自分を見つけよう〜


英語を学んでよかった!
〜語学上達の体験談〜
中国語を学んでよかった!
〜語学上達の体験談〜
Language School
A popular Teacher In the School

今回は、各学校でご活躍されている先生にスポットを当てました。いろいろな国に住んでいた、 語学へのあふれんばかりの情熱をもったなど、各先生とも非常に興味深い人生を歩んでいます。
また、トップページでは、現在シンガポールで語学を学習している生徒さんのインタビューを掲載します。
シンガポールは英語や中国語を学習するのにふさわしい環境です。語学を身につけ自分の世界観を広げましょう。


英語を学んでよかった!  〜語学上達の体験談〜
話せるようになった自分を実感

伊達いづみさん
 基本的な英単語しか使えず、思っていることを上手く表現できなかった伊達さん。元々、人とお話しするのは大好きです。しかしシンガポールに来たばかりのときは、日常生活でストレスがたまる一方でした。例えば、買い物の際に言いたいことが伝わらないもどかしさ…。もっとスムーズにコミュニケーションが出来たらなぁと英語学校の門を叩きました。
 習い始めて約半年。今では相手の言いたい事が理解できるまでレベルアップ。また、会話に必要なフレーズが口から自然に出た瞬間、「自分も英語でコミュニケーションが出来るようになっている!」と嬉しくなるそうです。学校を通じて友達もたくさんでき、楽しい毎日を送っている伊達さん。
 次の目標は、今以上に気持ちが通じ合えるような流暢な会話力を身に付けたいとの事です。


英語が苦手な自分にリベンジ!

楠山理絵さん
  学生時代は、決して英語が得意ではなかったという楠山さん。ご主人の駐在でシンガポールに来て約1年。英語の勉強をはじめて11か月になります。
 お子さんをインター校に通わせることを機に「英語が苦手な自分にリベンジしたい!」と思いたったそうです。今では英語でのコミュニケーションは全く問題なくこなせるようになりました。次のステップは、もっと込み入った話でも流暢に表現できるようになること。レッスン以外では、欧米のニュースやドキュメンタリー番組、他にお子さんと英語のアニメを見ながら耳をトレーニングしています。実は、息子の理記くんも同じスクールへ通っています。親子で取り組んでいるからこそ、頑張れるのかもしれませんね。
「シンガポール生活をエンジョイ出来るのも、英語力がアップしたおかげです」
 最近はコンド内のオーストラリア人のお友達との交流も楽しんでいるそうです。



中国語を学んでよかった!  〜語学上達の体験談〜
日本語のルーツへの敬意を持って

中田泰行さん・幸代さん夫妻
 中国語といえば麻雀用語くらいしか知らなかったという中田さん夫妻。奥さんがウェットマートに行ったとき「英語を使わずに買い物ができたらなあ」と思ったことから中国語を始めました。ご主人もシンガポール生活で中国語ができれば楽しいだろうと一緒に学び始めました。
 勉強をしていくうちに、飛行機に乗って中国語のアナウンスが分かるようになるなど成果が現れました。以前は難しかった古い教科書は今では、とても簡単に思えるそうです。シンガポールでの視野が広がり、ローカルの人ともコミュニケーションが取れるようになったことを喜んでいます。現在も日本語のルーツという尊敬の念を持って勉強しています。
 最後に上達の秘訣をおうかがいしました。
「重要要的是、要継続学習。只有這様的話、才能学得好!(勉強し続けることが一番大事です。そうしなければうまくなりません)」


ご主人の両親とコミュニケーション

谷本直理さん
 シンガポールで働いていた時に出会った中国系のご主人と結婚。ご主人の両親とコミュニケーションをとりたいと思い、中国語を学び始めた谷本さん。
 主婦業のかたわら、4年前から学校に通い、初級クラスからスタートしました。現在は上級コースです。学校の方針で担任やクラスが持ち上がり式なのも続いた理由かもしれません。クラスメイトとも仲良くなり、今では授業のあとのお茶が楽しみ。先生も熱心に教えてくださるので、その気持ちに応えたいと努力されたそうです。
「中国語には日本語と同じ漢字がたくさんあり、読んで理解できても、聞いて分らないことが多くあります。だから、耳で聞いて、自分で口に出して使い、やっと自分のものになると思います。勉強方法はテープを繰り返し聞き、何度も教科書を読むように心掛けています」
 目標だったご主人の両親との日常会話をはじめ、見知らぬ人と話がはずんで親近感をもってもらった時に学んだ喜びを感じるそう。会話をきっかけに人々との出会いを大切にしていきたいと思っています。




Language School
A popular Teacher In the School
Berlitz Language Centre
ベルリッツ・ランゲージ・センター 

501 Orchard Rd, #05-03/04 Wheelock Place
TEL : 6733-7472
http://www.berlitz.com

クリストファー 先生 (Mr. Christopher Supple)
 在星2年、オーストラリアのアデレード出身のサップル先生はKL、シドニー、そしてシンガポールで同校の英語教師として約7年になります。大学は教育学部卒。同校では小さなお子さんから60代までと年齢の幅が広く、同じ事を教えても生徒のバックボーンで受け取り方が違うことが大変面白いそうです。
 特技は生徒さん側から分りやすいようにアルファベットを相手側に逆向きで書くこと。説明しながら、紙に書いてくれるので、観ていて、とても分りやすいです。実は時間短縮のために、練習して書けるようになったほどのサービス精神の持ち主です。
 趣味の食べ歩きはエスニックフードが好きで、タイ料理やインディアンカレーがお気に入り。日本のカレーも好きで、何を食べても大丈夫な鉄の胃袋も自慢です。シンガポールには各国のレストランがあるのも、先生には嬉しい限り。
 日本のアニメも好きで、千と千尋やハウルの動く城、ジャングル大帝がお気に入りです。
 先生の英語の上達法はとにかく使うこと。使わないと、せっかく覚えたのも失ってしまいます。授業でも題名を決めてディスカッションするのですが、自分の意見を言えるまで頑張って欲しいですね。


Chikyujin Learning Centre
地球人ラーニング・センター 

350 Orchard Rd, #21-06, Shaw House
TEL : 6736-2603
www.chikyujinlearning.com
ckjlc@singnet.com.sg

朱 嵐先生 (シュ・ラン先生)
「エネルギーの源は教えること。好きなことを仕事にしています。レッスンを通して、言葉を教えるだけではなく、文化や習慣への理解も深めていきたい」そう語るのは、いつお会いしても明るく元気な印象の朱嵐先生です。
 先生は大学在学中から中国語を教え始め、卒業後は日本やその他の国でも教鞭をとりました。
教えるだけでなく、ご自身も日本語や英語を勉強してきました。
「外国語を習うことで自分の世界が広がり、新しい価値観に出会える。また、専攻が中国文学だったこともあり、外国の文学作品に原文で触れるのも楽しみですね」
 朱嵐先生は、日本人の方が中国語を勉強しないのは、非常にもったいないと語ります。欧米人にとって壁となる漢字をすでに知っているのだから、それを利用しない手はないからです。日本語と中国語には共通点も多く、決してゼロからのスタートではない。確かに、日本語のルーツを知る意味でも非常に面白いのではないでしょうか。
 朱嵐先生の教師経験は10年以上。好きなことを長年にわたって続けられているとは、本当にうらやましい限りです。


China Lingua School
チャイナリンガ・スクール

1 Scotts Rd, #18-14,Shaw Centre
TEL : 6736-4288
http://www.chinalingua.edu.sg
singa@chinalingua.edu.sg

趙 玲華 校長 (ジャオ・リンカ校長)
 リンカ先生は北京の大学で日本語を専攻し、卒業後は通訳や翻訳の世界でご活躍されていました。早稲田渋谷高校や日系企業での講師経験の後、自らの語学学校をオープン。教師経験12年の中国語のスペシャリストです。
「学校をオープンし、教えることを通して、たくさんの生徒さんと心の触れ合いができるようになったのが何よりも嬉しいです。」
 そう語りながら、様々な生徒さんからのお礼メッセージカードを見せてくれました。
 オリジナル教科書作成も手がけるリンカ先生。今回の取材では、とても研究熱心な印象を受けました。「学習者に効果的な学習方法を伝授することが私の使命なんです」とも語ります。
 今後の目標を聞いてみました。「語学学校だけにとどまらず、外国語大学並みの教育機関に発展していけたらと思います。また、日本で語学教育についての講演会なども出来たら嬉しいですね」
 最後に趣味を聞いたところ、卓球や読書、あと娘と過ごす時間との事。研究熱心な教師が一転し、やさしいお母さんの表情になりました。


GEOS Language Centre
ジオス・ランゲージ・センター 

400 Orchard Rd, #14-07, Orchard Towers
TEL : 6734-7556
glcsingapore@pacific.net.sg
http://www.geosing.com.sg

スコット 先生 (Mr. Ronald Scott Dickson)
さわやかな笑顔が印象的なスコット先生。25歳のカナディアンです。
先生は、カナダの大学を卒業後、オーストラリアで教員免許を取得しました。この免許にはESL(外国語としての英語)も含まれているので、英語教育の知識は本格的です。
 また、カナダの大学在学中から「読み書き」を教える教育機関で英語を指導し、留学生にも英語を教えてきました。
 シンガポールに来た理由は、まず旅行が好きで、いろいろな国を見たかったこと。そして、英語を教える仕事で今後のキャリアを積みたいので、その経験のためだそうです。
 趣味はギター。音楽理論と実践からなる英国王立音楽検定「ABRSM」を取得したいという夢があります。
先生から語学上達のアドバイスをいただききました。
【You have to be in the Language! 】
(その言語に染まること!)
「とにかく、読んで聞いて、実際に使うこと。ボキャブラリーを増やすのは重要ですが、文法はその次でしょう」
 つまり、習うより慣れろということですね。


GORO Language School
ゴロランゲージスクール 

268 Orchard Rd, #12-05 Yen San Building
TEL : 6734-9190

エイダン 先生 (Mr. Aidan Spencer)
 欧米人にはめずらしく、きれいな発音で中国語を話すエイダン先生。出身地のアフリカ大陸最南端・南アフリカは、なんと、英語やアフリカーンズ(オランダ語を母体としたフランス語・ドイツ語・英語などを組み合わせた独自の言語)など11もの公用語があるそうです。幼い頃から、色々な語学に触れる機会があったのも影響しているのかもしれません
 来星してまだ5か月ですが、以前は台湾で4年半教師をしており、アジアで語学を教えて5年になります。中国語を学んだきっかけは、台湾に住んだ時、中国語でコミュニケーションをとりたいと思ったから。語学習得の難しさに直面したことは教える立場として学べる良い体験だったそうです。
 一見シャイで大人しそうな感じですが、趣味のカメラやゴルフの話になると楽しそうな表情に早がわり。言葉につまると助けてくれる優しさが、個人レッスンで人気の理由なのでしょう。


IKOMA Language School
生駒ランゲージスクール
#12-07 Shaw House
TEL : 6238-0055
www.ikoma.com.sg
平日10:00-18:00

周 南 秋 先生 (シュ・ ナン・シュウ先生)
 日本に在住した際、日本人に個人レッスンを頼まれたことがきっかけで中国語の教師になりました。日本語が流暢で包み込むようなやさしい感じ。熱心なだけでなく、楽しく活気のある授業が評判の先生です。
 来星して10年になる周先生に、中国語をマスターする秘訣を熱く語っていただきました。
「初心者は最初は[四声] [口の型]に気をつけて発音の練習をし、単語と一体化して覚えることが大切です。想像力や視覚的なイメージもどんどん利用してください。また、日常において、覚えた言葉を気軽に使うように心掛けることです。例えば、フードコートやレストランでの注文やタクシーを利用する時など、単語だけでも良いので使ってください。テレビ番組をみたり、友達を作ったりするなど、シンガポールにいるからこそできる、中国語にふれるチャンスを大切にして、話せるように頑張りましょう」


Inlingua
インリンガ

41 Sunset Way #02-01/04 Clementi Ancade,
TEL : 6463-0966
www.inlinguaSingapore.com
courses@ inlinguaSingapore.com

林 綾子先生 (はやしあやこ先生)
 明るく笑顔がチャーミングな綾子先生は日本語教師をしています。大学時代、日本語教育を勉強していました。その時、東南アジアを訪れすっかり魅了されたとか。シンガポールに来て2年になりました。
 当校には15か国の先生がいます。お互いに教え方や自国の文化などを話し合うのでとても刺激になるそうです。
 現在、綾子先生が担当するクラスではシンガポール人やインドネシア人が勉強しています。そのこともふまえ、語学習得のポイントをおうかがいました。
「日本人は頭の中に文法が入っています。しかし、難しい文法にこだわるよりもまずは楽しく話すことが大切です。日本語クラスの生徒には積極的に話すようにと教えています。そして、なによりも自信を持つこと。間違いを恐れず積極的に話しましょう。またビジネス用、日常会話など各々の目的は違いますが、目標を作ると上達は早くなります」
 趣味は陶芸。シンガポールですっかり虜になってしまったそうです。



JSU Language School
星日外国語学院

177 River Valley Rd, Liang Court Level M5
TEL : 6336-3055
www.jsu.com.sg
info@jsu.comsg

黄 詩 盈 先生 (ホァン シ イン先生)
 さわやかな雰囲気が魅力的な黄先生。大学では日本語を専攻していました。日中両方の言語を使った仕事に就きたいと教師の道を選びました。教鞭を執って2年あまりです。
 堪能な日本語を駆使し、分かりやすく中国語を教えるため、生徒にとても人気があります。
 趣味は2匹の愛猫「ミー」「アイ」と遊ぶこと。なによりもリラックスできるそうです。
 黄先生に中国語上達のこつをおうかがいしました。
「ことばの習得には積み重ねが大切です。授業だけではなく、復習もしましょう。習った単語を中国語で考えるようにすることも上達する早道の一つ。また、声を出して文章をすらすら読めるように何度も朗読することもすごく大事です。そうすれば発音の練習もできますし、知らないうちに文法も覚えてしまいます」
 語学に対して真剣に取り組む姿勢が好印象です。


Premier Language Centre
プレミア・ランゲージセンター
 
グレートワールド校 TEL : 6735-0543
パラディス校 TEL : 6883-0381
www.premierenglish.edu.sg
premiergwc@yahoo.com.sg

レイチェル 先生 (Ms Rachael Leighton)
 南メルボルン出身のレイチェル先生は、「プレミア・ランゲージ・センター」でセンターマネージャーを勤めています。13歳で日本語の勉強を始め、大学でも日本語を専攻。卒業後は静岡や新潟で働き、着付けや日本舞踊、茶道などもたしなむ大の日本通です。驚くことに、スペインへの留学経験もあり、さらにインドネシアでは伝統舞踊を習いながらの遊学!?。異文化交流をライフワークのように楽しまれています。
 元々ご両親が2人とも教師だったこともあり、小さい頃は絶対先生にはなりたくなかったそうです。しかし血筋でしょうか? 気付けば自然に先生となり、今は教えることにやりがいを感じているそうです。
 語学学習のコツをおうかがいました。
「語学の上達には、本当に長い時間がかかります。途中で諦めずに、楽しみながら、長く勉強していくのがコツですね」
 英語・日本語・インドネシア語・スペイン語、4か国語をマスターしたレイチェル先生だからこその説得力があります。


Pyaess Language School
パイアス・ランゲージ・スクール

2 Finlayson Green #11-05 Asia Insurance Building
TEL : 6327-1377
web.singnet.com.sg/〜pyaess
pyaess@singnet.com.sg*

芳賀 誠一先生 (はが せいいち先生)
 以前はドキュメンタリー番組のADとしてケニアやバングラディシュに滞在。青少年国際交流関係、ナイジェリアやシンガポールで建設関係の通訳や翻訳の仕事もしていました。ほかにも色々と海外で英語を使った仕事に携わる経験を持つ芳賀さん。
 ご自身の経験をいかして、89年にシンガポールで日本語学校を設立しました。昨年からは英語・中国語クラスがスタート。バイリンガル、マルチリンガルの教師陣による「日本人のためのバイリンガル」など、ユニークなコースもあります。
 芳賀さんに語学上達の秘訣を伺いました。
「外国語をマスターしたいなら、『動機』の強さ。使えるようになりたい気持ちが大切です。また、その『動機』をいかに持続させるか。楽しくない場合は続かないので、習得していく過程の『楽しさ』にいかに早く気付くかが重要です」
 語学を武器として世界に羽ばたいている方のバイタリティーを感じました。


Tyndale Language Centre
ティンデー・ランゲー・センター

33 Middle Rd, #01-01 P.H Bldg.
TEL : 6334-0617
http://www.tyndale.com.sg
tyndale@singnet.com.sg

山口 佳子先生 (やまぐち よしこ先生)
「教える側にとってはレッスンはパフォーマンス。楽しんでもらえるように努力しています。英語嫌いの人も好きになってほしいから」と明るく語る山口先生。結婚のために渡星して以来14年が経ちました。
 結婚前はいろいろな国に行きましたが、シンガポールに来てからは遠出をしなくなりました。理由を聞いたところ「ここで大勢の人との出会いがあり、学ぶことも多いので」とおっしゃっていました。今、興味があることは「人との出会い」なのだそうです。
 山口先生は日本人は英語に対して「一種の学問として考えている」と語ってくれました。そこで、英語の上達法をたずねると次のように答えてくれました。
「日本の方は先ずノートに書こうとします。書いて満足する方もいますが、英語は使うことが大切。シンガポールという、日頃英語を使える舞台があるので思い切ってその舞台に立ち、英語を使うチャンスを自ら作りましょう。文法? 私におまかせ!!」


Wall Street INSTITUTE
ウォールストリート インスティチュート
 
18 Cross Street, #02-06, China Square Central
TEL : 6236-2760
http://www.wsi.com.sg

レイモンド 先生 (Mr. Raymond P. McConnell)
 ニューヨーク出身のレイモンド先生は「ウォールストリート」でプログラムコンサルタントを務めています。4日前に、はじめての赤ちゃんが生まれたばかりだそうで、実にめでたく幸せな時にお会いしました。
 ワシントンで大学を卒業した後は、テレビCM制作の仕事にたずさわってきました。また、高校での歴史教師や、韓国でアメリカ式ビジネスマネージメントの講師など、非常にバイタリティー豊かな経験をされています。
 どうして今、英語の先生をしているのかたずねると、
 「いろいろな人とのシェア体験ができるこの仕事は、自分の性格にあっているからでしょうね」
 シンガポールには1年前に来ました。シンガポールは新婚旅行で来た思い出の深い国だそうです。
 クラスでは生徒のニーズを良くみて、先生自身が楽しむように心がけています。
「自分が楽しまないと、生徒にも授業を楽しんではもらえないですよ」
 従来の英語教育とは違った、近代的なやり方を提案していきたいとも語ります。





このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2004-2006 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg