トップページに戻る  今月の特集に戻る

今月の特集

観光「観光アラカルト」ページへ バックナンバーへ

2004年10月

 
足を延ばして想い出づくり
シンガポールの旅行代理店


日系旅行代理店の方におすすめのディスティネーションをうかがいました。

 年末年始、チャイニーズニューイヤーと、大型連休がやってきます。この時期、旅行に出かける方も多いと思います。10月号、11月号は2カ月連続で旅行特集です。 
 シンガポールの近隣諸国は自然や歴史遺産の宝庫です。リゾート地も多くあり、日本ではなかなか味わえない体験ができます。また、中継地としても知られ飛行機や船が各地に出ています。ですので、旅行の計画を立てるのに迷いがちです。そんなときに役立つのが日系旅行代理店。日本語で安心して相談できます。そこで、今月号は日系の旅行代理店を紹介します。各社の特徴や得意分野を参考に足を運んでみましょう。
す。

● シンガポール駐在のお手伝い
マネージングダイレクター 山田晶一さんに聞きました。
 業務出張を含め、シンガポール発の航空券・国内外のホテル・VISA取得・船、汽車、バス、レンタカーの手配・ガイドの手配・ゴルフの手配などが主な業務です。
 パッケージツアーは30方面以上用意しています。定番のリゾート地や観光地は変わらぬ人気ですが、最近徐々に問い合わせが増えている場所はピピ島・タスマニア・スリランカなどです。いずれも大自然と触れ合うことのできるツアーです。タスマニアのクレイドルマウンテン周辺の野生動物との遭遇、ピピ島の美しい海、スリランカの遺跡や美しい浜辺など日本やシンガポールでは味わえない体験ができます。
 最近はご自身で旅行プランを立てる方も大勢います。バリのツアーにジョグジャカルタを付けたいとか、パースとエアーズロックの両方に行きたいとか、ニーズも様々です。そこで、お客様のご要望にあわせたプランを一緒に考え、ツアーをアレンジします。
 また、シンガポール・ジョホール・ビンタン・バタムなど近隣諸国でのゴルフツアーも人気があります。
 ここ数年はスタークルーズの販売に力を入れています。スタークルーズは絢爛豪華な客船で楽しいアミューズメントやショーも盛りたくさんです。施設も充実していますので、船旅を満喫できます。家族向けのサービスもたくさんありますので、お子様連れの方も安心して旅行できます。スタークルーズに関して郵船トラベルでは随時様々なプロモーションを行っています。例えばアップグレードキャンペーン・様々な割引サービス・いろいろなお店と提携しそのお店のレシートと引き換えに割引バウチャーを提供など。その時々で違うキャンペーンを行っています。ぜひ確認ください。
 その他、ツアー以外の販売も行っています。蘭の花・フルーツの盛り合わせなど日本に送ると喜ばれるギフトを扱っています。最近は飲茶セット・胡蝶蘭も始めました。お歳暮・お中元などに利用するととても便利です。
 いずれも日本人スタッフが親切に対応しますのでお気軽に声をかけてください。

YUSEN TRAVEL 郵船トラベル
391A Orchard Rd. #09-03 Ngee Ann City Tower A
電話 / 6732-1511 FAX / 6733-0216
営業時間 / 平日 09:00?18:00(昼休み12:00?13:00)、土曜日 09:00?13:00
定休日 / 日曜日・祝日
● ツアーも、急なチケットも
トラベルコンサルタント 鈴山絢子さんに聞きました。
 オフィスは日系企業が多く入っている、ラッフルズプレイスのホンリョンビルディング地下1階にあり、日本人スタッフとローカルスタッフの仲が良く、和気あいあいとした雰囲気です。呼び寄せ航空券及び一時帰国や出張の手配、パッケージツアーなどが主な業務です。
 旅行先では、モルディブやプーケット、バリなどがおすすめ。航空券にホテルがついたプランが人気です。特にモルディブはパラダイスアイランド、プーケットではセントラル・カロンビーチ・プーケット、バリはニッコー・バリが人気のホテル。いずれも南国ムードあふれた豪華シーサイドリゾートです。
 また、仏教寺院など歴史遺産を巡る旅も好評です。シンガポールの周辺諸国には世界的に見ても貴重な仏教遺跡が点在しています。インドネシアのボロブドゥール、カンボジアのアンコールワット、ミャンマーのバガンは仏教三大遺跡と言われ、観光地としても有名です。いずれもシンガポールから数時間で行け、歴史の重みを感じる建造物が数多く残っています。仏教三大遺跡のツアーには日本人ガイドがつきますので、気軽に、わかりやすく東南アジアの仏教史を知ることができます。
 急なゴルフの予約も安心。シンガポールをはじめビンタンやバタム、ジョホールバルのスターヒルなどのゴルフ場をすぐに手配します。
 産経旅行と言えば「呼び寄せチケット」の元祖。呼び寄せは日本に住んでいる家族や友人をシンガポールに呼ぶのに便利なチケットです。シンガポールでこのチケットが欲しい場合シンガポールドル、日本円の両方で支払い可能。日本にいる知りあいの方がチケットを必要な場合、近くにある各本・支店からチケットを入手します。円相場を見ながら、日本、シンガポール、その他の国など、どこの発券が得なのかを判断し、より経済的なチケットを発券します。日系のみならず海外の航空会社の呼び寄せチケットも扱っています。
 シンガポール発券のほかにも、日本発券のチケットも利用できます。全国にある支店のネットワークを駆使し、便利でお得なチケットを提供します。
 日本にすぐに帰らなければならなくなった、誰かがシンガポールに来ることになったなど、急に航空券が必要になった際はに迅速に発券の手伝いをしますのでお問い合わせください。

Sankei Travel/産経旅行
16 Raffles Quay #B1-17 Hong Leong Building
電話/6222-6600 FAX/6224-1400
E-mail/info@sankeitourist.com.sg
Web/http://www.sankeitourist.com.sg
営業時間/平日9:00?18:00、土9:00?13:00
定休日/日、祝
● 日系最大の旅行会社
森 潔(マネジング ダイレクター)吉村 正吾(ダイレクター)さんに聞きました。
クリエイティブツアーズは日本航空グループである(株)ジャルパックのシンガポール現地法人として、1979年に設立され、25周年を迎えました。日系の旅行会社ではシンガポールで唯一売上高ベスト1000の企業にランクインしています。世界58都市80カ所に支店及び営業所があるため、現地でもきめ細かいサービスの提供が可能です。
日本語ホットラインがあり、日本人または日本語スタッフが対応するので英語が苦手な方も安心できます。
航空券も各社扱っていますが特に日本行きに関してはいち早くキャンペーンプロモーションをご紹介できます。シンガポール呼び寄せパックではオーチャードにあり便利なプリンスホテル宿泊込みのパッケージを扱っています。
また最近ではシンガポール発の日本観光旅行も人気があり、シンガポーリアン向けのパッケージや鉄道パス(JRパス)も扱っています。
さらに東南アジア,オーストラリア方面へのツアーも各種取り揃えておりますので、気軽に相談にのってくれます。
在星のご家族に人気があるのは、バリ、プーケット、モルジブ、ランカウイです。飛行機やホテルは人気のある所から売れて行きますので、お早めにご相談してください。10月以降はプーケット,ランカウイやモルジブなどが乾季に入り、天候に恵まれるのでおすすめです。

Creative Tours(S)Pte.Ltd. /クリエイティブツアーズ シンガポール
16Raffles Quay,#01-01 Hong Leong Building
電話/6223-8200(日本語ホットライン) 6222-8465(カウンター)
FAX/6224-5937
E-mail/jhotline@creativetours.com.sg
Web/www.creativetours.com.sg
営業時間/9:00〜17:30(月〜金)9:00〜13:00(土)
定休日/日曜・祝祭日
● オンラインホテル予約はお任せ!
オペレーション・マネージャー 藤本英樹さんに聞きました。
 アジアのホテル予約がウェブでお手軽にできるのが自慢です。実際に足を運んで集めた情報がほとんどで、ニーズに合わせたホテル選びが簡単にできます。
メールでのお問い合わせにも迅速に対応しますので、窓口で相談しているような満足感があります。
 ジャランブッサールの店舗はニューパークホテルから徒歩で10分。レベンダーフードコートの近くです。
 
ホテルの達人、藤本さんに賢いホテルの利用方法をうかがいました。
・景観の良いところに泊まりたい場合は通常より高い料金設定ですが、スペシャル・ルームをご指定ください。設定がない場合は事前の確約はできません。チェックインの際に再度係員にお伝えください。
・快適に楽しく利用するコツはスタッフとコミュニケーションを取ることです。問題が発生した時、スタッフやゲスト・リレーション(お客様が困った時に対処する係り)に相談してください。
・結婚記念日や誕生日などの特別な日も利用してください。今までにハネムーンで泊まったラッフルズホテルを利用した方やバンヤンツリーのプールヴィラで結婚式をあげた方などがいました。特別なサービスも期待できるかもしれません。予約の際にはぜひ付け加えてください。
シーズンをちょっと外すと思わぬプロモーションが出ることがあります。ホームページをこまめにチェックしてください。【T】

Green Holiday グリーンホリデー
331&333 Jalan Besar RTW House
6296-1600
6296-2898
sales@greenholiday.com.sg
Web:www.greenholiday.com.sg/sin/
(月?金)9:00?18:00 (土)9:00?13:00 
日祝
● つねにアップデートしたHPが自慢!!
小野 仁志(アシスタント マネジャー)に聞きました。
HISはシンガポールで設立11年目となりました。タンジョンパガー駅から徒歩約5分のところにあります。
自慢はHP(ホームページ)。更新をこまめに行っているので最新情報をご覧いただけ、なかでも航空会社が出すキャンペーンは関心が高いようです。また、高級リゾート、アンダマンやダタイなどがシンガポール在住者向けに出している特別料金ツアーも人気です。スパなどをセットにした特別宿泊パックもあります。
最近では最高級のアマンリゾートをHPで紹介しております。バリ島やフィリピンなどシンガポールから近い所にあるので、この機会に訪れてみたいと考えるお客様が増えています。また、モルディブも営業の専門部署があるほど、大変人気があります。他にもバリ、バンコクなどの人気エリアには支店がありますので、現地のサポートは万全です。
また、シンガポール以外のお客様からお申込めるシステムも整っています。日本語でお電話やE-mailでの問い合わせができます。まずはHPをご覧ください。

H.I.S. International Travel Pte Ltd /エイチアイエス インターナショナル
250 Tanjong Pagar Rd, #05-02 St.Andrew's Centre
電話/6224-1512
FAX/6224-7129
E-mail/info@his.com.sg
Web/www.his-travel.com
営業時間/9:00〜17:30(月〜金)、9:00〜13:00(土)
定休日/日曜・祝祭日
● どこにいても日本語でサポート。
ツアー・コンサルタント 阿部 美紀さんに聞きました。
 日系旅行会社最大手。たいていの国に支店や代理店があるのでどこへ行っても日本語でのサポートが受けられます。
 「近年は当地での日本人気を反映し、シンガポールの方たちの日本ツアーも多くなっています。日本人のお客様もさまざまな場所に行かれています」と明るく元気な阿部さん。
 
 阿部さんのおすすめ旅先はクラビ。山の中にある温泉に地元の人と一緒に入り、きれいな海でアイランドホッピングをエンジョイ。物価も安く快適に過ごせます。行き尽くしてしまったという方にはベトナムのニャチャンがおすすめ。アナマンダラは「貴婦人の宿」と呼ばれる海辺のリゾート。ビーチやスパ、小島めぐりに参加したり、町へ出て素朴な日常に触れてみてはいかがでしょう。

 11月の連休用のモルディブツアーはすでに残席わずか。海の美しさはダントツです。プーケット、ランカウイ、ケアンズなどの人気のツアーも盛りだくさん。お早めにご予約ください。
 年末年始ツアーは10月頃には出そろいます。一押しはモーリシャスです。お買い物ついでに気軽に立ち寄りチェックしましょう。
 蘭や飲茶、トロピカルフルーツなどを日本へ直接おくるギフトも、安くて種類が豊富と大人気。極近場のアテンドからオリエンタルエクスプレスなどの珍しいツアーも行っています。
 土日の夕方はたいへんに混み合います。ゆっくりご相談されたい方は平日の午前中がおすすめです。■(T)

JTB
391 Orchard Road #04-02 Takashimaya shopping Centre
6735-2345/6735-7870
6735-7871
pkgtourjtb@sg.jtbasia.com
www.jtb.com.sg
10:00?18:00
無休
● 法人に強い旅行会社
西村理佐(ダイレクター)に聞きました。
プライムはトラベルはシンガポールで設立25年、信用第一をモットーにやって参りました。
日本人のお客様には、最後まで日本人が対応いたします。(西村・飯田・小川・松村)
個人旅行に限らず、企業の方に喜ばれるような企画を考えた、インセンティブ旅行、航空券、呼び寄せ等のアレンジも行っています。
ビンタン島のゴルフのパッケージが大変人気です。おすすめはリア・ビンタン。オーシャンコースが大変評判です。日本からの出張者の方には充実した道具のレンタルもあります。ゴルフツアーでは、20名様以上の場合は、ご希望により幹事の方のお手伝いさせて頂く日本人スタッフが同行致します。
夢大きなる旅ならば、豪華列車オリエンタルエクスプレスも扱っております。お食事やサービスが好評でお客様の満足度が大変高いです。
また、来年の3月中旬にはタイタニックのような豪華客船クイーン・エリザベス二世号がシンガポールからコロンボを目指します。めったにない機会なので、ご興味のある方は是非この機会にいかがでしょうか。史上最高の洋上で味わうラグジュアリ。クリスタルクルーズで地中海、アラスカの船旅も扱っております。
ご希望される方にはキャンペーンや海外ニュースなどをメールで送付します。いち早く情報を得られるのが好評です。

PRIME TRANSPORTATION PTE LTD /プライム トラベル
16 Raffles Quay B1-14D Hong Leong Building
電話/6225-7797
FAX/6226-7293
E-mail/primesg@primetravel.com.sg
Web/www.primetravel.com.sg/
営業時間/9:00〜18:00(月〜金)、9:00〜13:00(土)
定休日/日曜・祭祝日
● ご紹介先、すべて行っています!
オペレーション・マネージャー 奈良サウィトリーさんに聞きました。
 大きな特徴はウエブの充実です。写真はすべて現地に行き撮っています。行き先別の「旅の寄稿文」は必見。そこに行った方の感想がそのままに載っています。希望の旅行先の様子が手に取るようにわかります。また、実体験して来ているので「空港にはお早めにお出かけください」などと具体的なアドバイスができます。
 自慢のサービスはファミリープラン。4?5人のご家族が一緒の部屋になるようパッケージしています。
 旅行業界8年の奈良さん。4カ国語を繰る才媛です。
具体的な旅のアドバイスをいただきました。
・東南アジアへの旅行は、目的をはっきり決めましょう。選んだホテルが不便な所だとホテルだけで過ごすことになってしまいます。
・ヨーロッパへ行く時は、行きたい場所を事前に地図で確認しておきましょう。目的地が思いのほか遠かったということもあります。
・空港税が前払いでない所があります。現地の通貨は残しておきましょう。当たり前の事ですが意外と多いトラブルです。
 おすすめの旅行先はバリです。2?3日で行けますし、マリンスポーツだけではなく、山や温泉、独特の文化、マッサージなど楽しみ方がたくさんあり年間を通していつでも行けます。■(T)

Trips International  トリップス・インターナショナル
163B Telok Ayer Street
6324-2811
6324-1800
6)E-mail/trips@trips.com.sg
www.trips.com.sg
(月?金)9:00?18:00(土)9:00?12:00
日曜、祝日

このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2001-20030 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg