今月の特集

戻る

2001年11月

年末年始・中国正月旅行

年末年始・ 中国正月旅行 E 雄大な自然溢れる
オーストラリア

 見渡す限り広大な大地が広がる、大らかな国オーストラリア。海あり山ありの豊かな自然と、それぞれ特色を持つ街々が点在するオーストラリアは、年末年始から中国正月にかけてがベストシーズン。治安にも優れたオーストラリアは、安心してバケーションを楽しめるデスティネーションのひとつだ。
 オーストラリア旅行で外せないのが、パース、シドニー、ゴールドコーストの3大人気都市。それぞれ趣が異なるが、共通しているのは、とにかくシーフードやステーキ、フルーツが安くてメチャおいしいこと! スーパーでも新鮮なエビや生ガキが手に入るので、これまた安くておいしいオーストラリア産ワインと一緒に買うのもいい。なお、土産物ショップを除き、オーストラリアの一般小売店やスーパーは概して、開店と閉店の時間が早い。事前に営業時間をチェックし、ショッピングは早めに済ませよう。
 観光の足としては、バスと電車の公共交通機関が便利で快適だ。シンガポールの免許証があれば、レンタカーを利用するのもいい。オーストラリアは一般的にドライバーのマナーが良く、道も広くて走りやすい。 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

パース
 オーストラリアにある6つの州のうち最大で、国土全体の3分の1を占めるのが西オーストラリア州。同州の州都が、風光明媚で穏やかな気候に恵まれた街パースだ。高層ビルが林立する市内と、自然の宝庫と呼びたい郊外とのコントラストが見事な、一度は訪れたい街だ。
 この街を巡るには、電車とバスが便利。パース・シティ駅から東西南北に4本の路線が走っており、主要な駅前にはバス・インターチェンジもあるので、電車とバスを乗り継げば、市内のほとんどに辿り着ける。電車の切符は自動券売機で購入するシステムで、何と改札がない! でも、地元の人達は皆切符を買っている‥‥。オーストラリア人って正直なんだな、タダ乗りもできるのに、と思ってはイケナイ! 不定期に検札に来る係員に無賃乗車が見つかると、かなり高額な罰金を科せられてしまう。
 さて、この街で見逃せないのが、パース市内を一望できるキングス・パーク、港町フリーマントル、パース動物園、コフヌ・コアラ・パーク、ショッピングが満喫できるスピアコなど。時間的に余裕があれば、ロットネスト島とピナクルズもお勧めだ。
 キングス・パークは、山裾から頂上に向かって広がるとてもビッグな公園。山頂からは、パース市内を流れるスワン川、市中心部にそびえ立つビル群など、パース市の美しいパノラマを目にできる。公園内には雄大な森林があり、数多くの野生の動植物が生息している。
 パースの南方に位置する港町のフリーマントルは、歴史ある町。コロニアル様式の建物が軒を連ねる街並みは、どことなくヨーロッパ的。海洋博物館、西オーストラリア博物館、西オーストラリア州最古の建物・旧刑務所、アートセンターなど、観光スポットも多彩。オシャレなカフェが並ぶサウス・テラスでちょっと一息、なんてこともできる。
 コフヌ・コアラ・パークは、動物好きにイチ押しのナイススポット。かわいいコアラを抱いての記念撮影もOK。大人も子供も楽しめるパークだ。
 人気オプショナルツアーが、パースから車で約4時間の地点に位置するピナクルズ。自然の浸食が繰り返されて形成された奇岩群で、『荒野の墓標』の異名をとる、幻想的な景観が広がる地帯だ。道中、野生のカンガルーを目にすることも。なお、途中の道がデコボコなので、家族連れの場合は小学生以上向き。スワン川を下って行くロットネスト島は、手軽に行ける観光地のひとつ。カンガルーやコアラ、ウォンバットなどの動物と戯れられる、カバシャム公園も楽しいスポット。オーストラリアならではのかわいい動物達に出会えるゾ。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

シドニー
 オーストラリア第1の都市シドニー。この街ではバスを上手に使おう。主な観光スポット24カ所を結ぶシドニー・エクスプローラーは、赤い車体が目を引く。1日乗り放題で、約20分間隔で運行されている。人気のダブルデッカー電車、シティ・レールも乗ってみたい。こちらも1日乗り放題チケットあり。夜景を楽しめるバス・トワイライト・ツアーもグッド。
 シドニー観光の中心と言えば、多彩なショップやレストラン、ホテルが軒を連ねるザ・ロックス。歩道がゆったりとして、歩きやすい一帯だ。ここで外せないのがアーガイル・ストリート。しっとり落ち着いた雰囲気溢れるブティック、人気デザイナー、ケン・ドーンの重厚なギャラリー建物、たくさんのレストランが連なるキャンベル・ストアハウスなどは必見。ザ・ロックスとノース・シドニーを結ぶのが、シドニー湾のシンボルでもあるシドニー・ハーバー・ブリッジ。歩いて渡ることもできる。
 シドニー市の東部にあるのが、26ヘクタールもの広さを誇る王立植物園。世界各地の木や植物数千種類が生息している、超ビッグな植物園。美しい芝生が広がる園内の北東にあるミセス・マックォーリーズ・ポイントは見逃せない。ハーバー・ブリッジの全景が見られる。このほか、現在博物館になっているシドニー天文台も面白い。夜間は、望遠鏡を使っての天文観察もできる(要予約)。シドニーを訪れたら、キャプテン・クック・クルーズも体験してみたい。
 時間に余裕があれば、シドニー郊外の高原リゾート、ブルー・マウンテンズもお勧め。シドニーの西方にある丘陵地帯で、広大な大分水嶺山脈の一部。展望台からは、3つの奇岩が並ぶスリー・シスターズや、彼方に広がる蒼い海を眺望できる。ケーブルカーや、急勾配をトコトコ昇るシーニック・レイルウェイ、野生のカンガルーに出会えるカンガルー・ウォッチングなど、楽しみ方はいろいろ。ダイナミックな自然に触れるチャンスだ。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ゴールドコースト
 オーストラリアの東側、南太平洋に面したゴールドコーストには、その名が示す通り、全長42キロに及ぶ黄金のビーチが広がる。世界有数のリゾート地として人気のゴールドコーストでは、サーファーズ・パラダイスが見逃せない。紺碧の海を抱く見事なビーチ、高層ホテル群、大型ショッピングセンター、各種ショップが揃った、バケーションにぴったりの繁華街だ。道端では大道芸人の姿も見られ、夜の散策もまた楽しい。
 超ビッグなオアシス・ショッピングセンター(必見は1階にあるケン・ドーンのファクトリーアウトレット)、ナイキを始めファクトリーアウトレットが狙い目のパシフィックフェア、ブランドグッズが揃ったマリナ・ミラージュ、お土産ショッピングに最適なビーチ寄りのエスプラネード、お手軽ショッピングにピッタリのスーパーなど、どこに行こうか迷うほど。飽きるヒマのない街だ。
 そして、家族揃って楽しめるのが、遊園地+映画村のワーナー・ブラザーズ・ムービーワールド、巨大遊園地のドリームワールド、イルカに触れられるシーワールドの3大テーマパーク。ゴールドコーストのハリウッド、ムービーワールドでは、アトラクションだけでなく、観客参加型の特撮体験ツアー、バットマンツアー、ポリスアカデミーショーなどが楽しめる。反対側にあるドリームワールドは、巨大なタワーが一際目を引く。アトラクションが充実していて、中でも、後ろ向きに時速160キロで38階分の高さから急下降するタワー・オブ・テラーはド迫力! 園内には10のテーマワールドがあり、コアラ・カントリーでは可愛いコアラが抱ける。シーワールドも、イルカショー、イルカと泳いだりヘリコプター遊覧飛行が楽しめるイルカツアー、華麗な水上スキーショー、アシカショーなど、お楽しみプログラムがいっぱい。流れるプールやウォーター・スライディングもあるので、水泳もバッチリ楽しめる。

資料提供・お問い合わせ

HIS International Travel Pte Ltd
250 Tanjong Pagar Road #05-02 St. Andrew's Centre (S)088541
TEL:224-1512 FAX:224-7129
URL:www.his-travel.com E-mail:info@his.com.sg


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2001 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg