今月の特集

戻る

2001年7月

Summer Vacation

サマーバケーション

Summer Vacation P シンガポールから一番近い
マレーシアのビーチリゾート
デサル・ペルダナ・ビーチ・リゾート

 シンガポールから一番近いマレーシアのビーチリゾートをご存知ですか。答えは、マレー半島東海岸の南端に位置するデサルです。そのデサルに建つ日系リゾートホテルがデサル・ペルダナ・ビーチ・リゾート。シンガポールから手軽に行けるナイスリゾートに、パルティ編集部の旅行大好きコンビ、M子&M美が行って来ました。それでは、現地直撃レポートの始まり、はじまり〜!

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

●ナシゴレンは美味ナリ
 シンガポールのチャンギ・フェリーターミナルから午前11時発のフェリーに乗って、一路デサルへ。フェリー内はスナック売店、ゲーム機、大型VTRスクリーンが完備されていて快適。所要時間わずか45分、あっという間に正午前に到着。デサルのフェリーターミナルで、ホテルが手配してくれた送迎バスに乗り込み、いざホテルへ。フェリーターミナルからホテルまで約30分。車でのアクセスも抜群。フェリーを利用しても、ジョホールバル経由の陸路(シンガポールから約2時間)でもOKです。
 開放的で落ち着いた雰囲気のロビーに足を踏み入れると、トロピカルムード満点のガーデンとプールが見えて、早くもリゾート気分いっぱい。広々と明るい客室は、全室オーシャンビュー、ベランダ付きと豪華。バスルームはシャワーブース付きで広め、ヘアドライアー完備で、アメニティ類も申し分なし。冷蔵庫には無料のミネラルウォーター2本がしっかり鎮座。そして、客室を始めホテル内の随所に見られる全表示が日本語&英語なので、わかりやすく便利です。
 ランチは、1階のコンティキ・レストランでナシゴレン・カンポンスタイルを注文。主役のナシゴレン(マレー風チャーハン)にちょこんと目玉焼きがのって、お連れはサ e(マレ風焼き鳥)と野菜。具だくさんでさっぱり味のナシゴレンは、ハナマルのおいしさでした。

●パラセイリングで鳥に変身!?
 満腹になったところでビーチへ。ホテルの目の前に広がる白砂のビーチはとにかく長い! さっそくパラセイリングに挑戦。まずはM美から。ライフジャケットを着込み、しっかりロープを握ってスタート。あっという間に体が空中へ。地上で何か叫んでいるなと思ったら、「はなせ、はなせ」コールが聞こえるではありませんか。スタッフが日本語で、ロープを手から放すよう指示してくれていたのです。スタート前にちゃんと説明を受けていたのに、体が舞い上がった途端、すべてを忘れてしまったドジなM美でありました。
 舞い上がってから約10分間、空中をふ〜わふ〜わ散歩。周囲に広がる晴れ上がった空と、眼下に広がる紺碧の海を眺めながら、体いっぱいに風を受けての空中散歩は得も言えぬ快感! まさに大空を舞う鳥になった気分。少々不安だった着地ですが、濡れずに無事ビーチに着陸。続いて飛び立ったM子は、「はなせ」コールに迅速に反応し首尾良く飛行態勢へ。ボートが湾内を旋回する時、茶目っ気のある操縦士はM子の足が海上スレスレになるよう操縦。それまで余裕の笑顔で飛行していたM子は、一転して絶叫‥‥。と言うのも束の間、すぐに余裕を取り戻したM子、にこやかにビーチに舞い戻ってきました。パラセイリングは、中学生以上なら1人、小学生以下なら大人と一緒に乗れます。M&Mコンビの結論、「パラセイリングはイチ押しですっ!!」

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 到着早々エキサイティングなひとときを体験した2人、今度はプールタイム。プールには直線コース、カーブがあるほか、スライダー付き子供用プールもあり。のんびり泳いではプールサイドでひとやすみ。泳ぎ疲れたところで、プールサイドにあるサウナへ。明るく清潔なサウナルームでじんわり汗を流してから、シャワーを浴びてさっぱり極楽気分に。
 そして待望のディナータイム。今度は日本料理コーナーで鉄板定食を注文。日本で修行を積んだシェフの手による揚げ出し豆腐、サラダ、アツアツの鉄板焼きエビ、サイコロステーキ、野菜炒めが登場(ご飯、お新香、みそ汁付き)。どの料理も純和風でソツのないお味、ボリュームもたっぷり。冷えたビールをキュイッと飲みながら、オツな料理に舌鼓を打ちました。

●ホタルツアーに超感激
 ディナー後は、夜のメインイベント、ホタルツアー(クリップ・クリップツアー)へ出発。都会育ちのM&Mコンビ、実はデサル到着前からこのツアーを心待ちにしていたのです(M子は初のホタル鑑賞)。街灯のない真っ暗闇を車で走る中、頭上を仰げば満天の空。まさに『星降る夜』といった風情。都会では決して目にすることのない星の数の多さに、2人して圧倒されることしばし。30分足らずで鬱蒼(うっそう)とマングローブが生い茂る川岸に到着。車を降りてライフジャケットを着用、小型モーターボートへ。漆黒の闇の中、川岸いっぱいにクリスマスツリーのような小さな光が見えるではありませんか。ボートは静かに進み、途中川岸で止まってくれたので、ホタルをそっと掴んでみました。体長6ミリほどのかわいいホタルが元気よく発光。寿命14日間と聞いたので、数秒観察してから解き放ちました。雨上がりの夜は、ひときわ光鮮やかに輝くとか。この川ではフィッシングも楽しめます。
 川面にゆらめく星の影。聞こえるのは虫の声だけ。日頃多弁なM&Mもいつしか寡黙に‥‥。30分ほど川で静寂のひとときを堪能、「デサルに来て良かった」としみじみ思ったひとときでした。言葉にならない感動を胸に帰路へ。途中フルーツ屋さんに立ち寄り、おいしいカットフルーツ・パックをゲット。都会のすぐ近くでこんなにも幻想的な体験ができるなんて、ホント、感激モノです。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 デサルの魅力のひとつは、乱開発されていないだけに豊かな自然が残っていること。朝は澄んだ鳥の声で目覚めたほど。アクティビティもホタルツアーのほか、ホテルの目の前に広がるジャングルを探検するジャングルウォーク、川下りを楽しむジャングルクルーズ、ゴム園やパーム園、海辺の町スンガイリンギを巡るカンポンツアー、フィッシングなど、デサルならではのプログラム揃い。ホテル内やホテル前ビーチでも、パラセイリング、バナナボート、テニス(ナイター照明付)、ビーチバレー、卓球などのスポーツが楽しめます。
 デサル・ペルダナ・ビーチ・リゾートなら、ホテルをベースにしたゆったりリゾートライフがバッチリ。家族連れでも友人同士でも楽しめる快適リゾートです。


◎一口アドバイス◎
フェリーターミナル到着は、平日なら出発30分前でOK。フェリー申込みはFerry Fantasy・545-3600へ(とても感じ良し)。便数は月〜金が3便、土・日・祝日が4便。
ゴルファーには、1泊2日のゴルフパッケージ(セバナゴルフコース利用)が便利!
ジャングルウォー Nは、虫除けスプレー、かゆみ止め、サングラス、帽子を持っていくと便利。足元はソックス&スポーツシューズ着用をお勧め。

パルティ 2001年7月号 掲載

資料提供・お問い合わせ
Desaru Perdana Beach Resort
P.O. Box 29, Bandar Penawar 81900 Kota Tinggi, Johor, Malaysia
TEL :03-07-822-2222 FAX :03-07-822-2548

シンガポールセールス・予約オフィス
The Adelphi 1 Coleman Street #02-04
TEL :223-2157 FAX:227-8330


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2000 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg