今月の特集

戻る

2001年7月

Summer Vacation

サマーバケーション

Summer Vacation M 大自然がテーマパーク
キナバル山とキナバル国立公園

 ボルネオ島の西側、東マレーシアのサバ州コタキナバルにあるのがキナバル山。広大なキナバル国立公園を抱くこの地域では、豪華リゾートホテルに宿泊しながら、自然味溢れるダイナミックなリゾートライフが味わえる。自然派にイチ押しのリゾート地だ。
 キナバル国立公園では、自然探訪ハイキング、キャノピーウォーク、ジャングル内のポーリン温泉、水上集落訪問などが体験できる。ハイキングでは、キナバルならではの熱帯植物や小動物に巡り会える。キャノピーウォークは樹上観察路のこと。ジャングルの樹上高くにかかる橋を渡るスリルは、体験者でないとわからない。橋が揺れてド迫力! ただし安全面は全く問題ないので心配いらない。ポーリン温泉は、木々に囲まれた広々とした露天温泉。温泉と言っても、みんな水着で利用していて、小さめのプールといった感じ。南国の自然溢れる青空の下で入る温泉は、日本の温泉とはまた違った楽しさだ。
 この国立公園内だけでも、一日ゆったり自然の醍醐味に浸れる。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 お勧めホテルは、豪華リゾートのシャングリラ・ラサリア・リゾートと、姉妹ホテルのシャングリラ・タンジュンアルリゾート。どちらも、自然に囲まれた環境の中で、ゆったり優雅な休暇を満喫できる高級ホテルだ。
 シャングリラ・ラサリア・リゾートは、コタキナバル国際空港から車で約45分の位置にあり、とにかく敷地が400エーカー(東京ドームの15倍)と広大だ。全室バルコニーまたはラナイ付きで、客室設備も衛星TV放送、セーフティボックス、冷蔵庫、コーヒー&紅茶と万全。ホテル内に4つのレストランと2つのバー・ラウンジもある。スポーツ施設にも優れ、各種マリンスポーツ、ゴルフ、乗馬、フィットネスが楽しめる。
 このホテルの最大の特色は、マレーシアのホテルで唯一、自然保護区を有する点だ。自然保護区はホテルのすぐ後ろに広がり、オランウータン、2種類の鹿、オナガザル、ヤマアラシ、アリクイ、サイチョウ、キジなどの野生動物が生息している。保護区内では、オランウータンの観察、バードウォッチング、自然散策などが楽しめる。
 2泊3日でも十分楽しめるが、できれば3泊4日してみたい。延泊すれば、コタキナバルの沖合に浮かぶ美しい島々を訪れ、ビーチバーベキューを楽しむことができる。自然の真っ只中で食べるバーベキューの味は格別。大人も子供もエンジョイできる、コタキナバルならではのお楽しみツアーだ。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 シャングリラ・タンジュンアルリゾートは、空港に近いタンジュンアル岬に位置するホテル。このホテルも敷地が広く、ゆったり豪華なバケーションを体験できる。市街地からもさほど遠くない(車で約20分)ロケーションながら、ホテルの目の前には全長5キロの美しいタンジュンアル・ビーチが広がる。ホテルのロビーデスクで申し込めば、ウォータースキー、カヤック、ウィンドサーフィン、サンセットクルーズ、ゲームフィッシングなどのマリンスポーツがバッチリ楽しめる。
 ホテル内施設も、レストラン、プール、各種アトラクション、託児施設など充実していて申し分なし。家族連れにもお勧めしたいホテルだ。

パルティ 2001年7月号 掲載

資料提供・お問い合わせ
郵船トラベル
391A Orchard Road #09-03
Ngee Ann City Tower A (S)238873
TEL:732-1511 FAX:733-0216


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2000 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg