今月の特集

戻る

2001年6月

Summer Vacation

サマーバケーション

Summer Vacation E ケニア・サファリツアー

青空の下、大平原に悠然とたたずむゾウやキリン、クロサイ、バッファローたち。湖畔に舞うフラミンゴの大群。アフリカの動物天国ケニアで、雄大な自然と野生の動物たちの醍醐味をたっぷり味わえるド迫力ツアーがあるのをご存知ですか。8日間のケニア・サファリツアーは、ダイナミックな本物の自然を体感できる旅。元気ファミリーに最適のアドベンチャー感覚溢れる旅です。

写真:
初日はナイロビで手軽な市内観光を体験。翌日はいよいよ、サファリカーでナイロビの南方に位置するアンボセリ国立公園へ(所要時間約4時間)。サファリドライブが体験できる国立公園の一つで、キリマンジェロに抱かれた広大な大平原が広がる、草食動物たちの楽園。最近はゾウの公園として有名で、多数のゾウたちが見られます。標高5895メートルのキリマンジェロは、ほぼ赤道直下に位置しながら、一年中雪に覆われている美しい山。アンボセリ国立公園からの雄姿が最も美しいとされます。この世界的名山と、シマウマやゾウたちがのんびりと闊歩する大自然の姿は圧巻です。
 3日目は、早起きをしてキリマンジェロの日の出を満喫! 雪の山頂に、まばゆいばかりの朝日が映えるその姿は、見事の一言。夕食前は、お楽しみナイト・ゲームドライブ。サーチライトを照らしながら、夜行性の動物たちを観察できます。宿泊は、ケニア名物のロッジ。素朴ながら、各ロッジからは大平原が見渡せ、ケニアならではのダイナミックな自然を体感できます。植物や野鳥、草食動物の生態などに詳しいガイドが同行してのネイチャーウォークも楽しみのひとつ。就寝前に蚊帳を吊ったり、真夜中にキャンドルライトを灯したりするのも、ケニアのロッジならではの楽しさ。都市やリゾートの豪華ホテルとは全く違う体験です。

 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 4日目は、赤道を経由してナクル湖国立公園へ。ナイロビの北西150キロにあるこの国立公園は、その数100万羽以上というフラミンゴの大群で世界的に有名です。フラミンゴたちの壮観な舞いだけでなく、穏やかなウガンダキリンや東アフリカでは既に絶滅してしまったシロサイ、単独行動する非常に珍しいクロサイ、バッファロー、ペリカンなど、珍しい動物や野鳥たちにも出会えます。
5日目から7日目の3日間は、タンザニアとの国境沿いにあるマサイマラ国立保護区へ。大阪府とほぼ同じ広さの保護区内は野生動物の宝庫。変化に富んだ大平原のあちこちに、シマウマやヌーの大群がたたずんでいるのが見えるほか、肉食獣との遭遇率が高い保護区でもあります。サバンナの名スプリンター、チーターやヒョウ、ライオンに出会えるかもしれません。ここでは、ケニアの国立公園で唯一、豪快な空からのバルーサファリも体験できます
写真:
 宿泊は、テントタイプロッジコースとサファリクラブコースの2コースから選択。デラックスなサファリクラブは、日本人が経営するムパタサファリロッジ。大自然に溶け込むかのように大平原に面して丘陵地帯に建てられた、施設もサービスも抜群のロッジです。客室バンダは個性的な設計で、半円形のベランダからの眺めは抜群。曲線を描くように造られたベッドルームも印象的で、ベッドの中からでも果てしなく続く大平原を一望できます。豪華なスイートルームには、何と屋外ジャクジー、ガラス張りのバーコーナー付きラウンジまでバッチリ。ロッジ内はレストラン、バー、プールも完備。日本語スタッフが常駐している点もグッド。

パルティ 2001年6月号 掲載

資料提供・お問い合わせ
JTBトラベルサロン
●大丸リャンコート店1階
177 River Valley Road (S)179030
TEL:338-7639 FAX:338-7682
●高島屋ショッピングセンター4階
391 Orchard Road #04-02
Takashimaya Shopping Centre (S)238872
TEL:735-2345 FAX:735-7871


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2000 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg