トップページに戻る  今月の特集に戻る

今月の特集

生活「教育」ページへ バックナンバーへ

2001年1月

幼稚園ガイド

小さいお子様がいるご家庭にとって、海外での幼稚園選びは大きな課題。
シンガポールには幼稚園や保育園がたくさんあります。このうち、日本人が通う幼稚園は日本人幼稚園、インターナショナル幼稚園、地元幼稚園に大別できます。
今月は定評ある幼稚園を一挙掲載! 併せて、小さいお子様が通える学習、音楽、スポーツ教室もご紹介します。

保育料は全てSドル建て(原則としてGST別)です。その他、学校により入園料や登録料、制服費など諸経費が別途かかります。
スケジュール、保育料などは変更の可能性がありますので、詳細は直接各校へお問い合わせ下さい。

幼稚園選びのポイント 幼児教室

● シンガポール日本人幼稚園
Japanese Kindergarten251 West Cost Road (S)127390
TEL:779-3434 FAX:777-1830
http://web.singnet.com.sg/〜jksin/
対象:年少児(3歳)、年中児(4歳)、年長児 (5歳)
クラス:月〜金9:00〜14:00、水9:00〜11:30
月間保育料:年少$470、年中・年長$390
入園お問い合 わせ(Ms.尾藤、Ms.タン)
シンガポール日本人幼稚園は、日本人学校小学部クレメンティ校や中学部、シンガポ−ル幕張高校のあるシンガポ−ル西部の文教地区クレメンティに位置しています。シンガポール政府認可の幼稚園で、日本国内でもちょっとお目にかかれないほどの広大な面積と充実した設備を有しています。約450人の園児たちが、1万600平方メートルの広々としたスペースの中で、のびのび元気に遊び、学んでいます。日本人幼稚園の主な教育目標は、@心身の健全な発達を第一とし、思いやりや感謝する気持ちなど心の豊かさを育む、A集団生活の中で個性を発揮しながら、友だちとの関係を通じて、相互協力と譲り合う心を養い育てる、の2点。 日本人幼稚園ならではの教育、保育は定評あるところ。
主な特色は、@日本人教師による徹底した日本語教育、A日本の四季折々の行事を積極的に取り入れ、四季の季節感を経験できる環境づくり、Bネイティブスピーカーの英語教師によるバイリンガルな遊びの実施、C月曜から金曜まで(水曜除く)の手作りの給食(おいしいと評判!)、D充実した設備の中での多様な活動経験など。行事は、一月が餅つき、二月が節分、三月が雛祭り‥‥と、日本の四季を踏まえて毎月実施されます。年一回の運動会も楽しみのひとつ。父母も参加しての貴重な親子体験です。 日本人幼稚園はまた、バランスの 取れた教育を重視しながら、時代に適した新しいプログラムも積極的に採用しています。そのひとつが、98年から導入されたコンピュータープログラム。年齢に応じて、遊んだり触れたりしながらコンピューターに親しめるよう工夫されたプログラムです。 見学、お問い合わせは随時受け付け中。中途入園も可能です。便利な通園バスもあります。

お母様から一言:日本で幼稚園に通っていた上の子が「日本人の先生がいい」と言いましたので。下の子も最初からすんなり馴染めました。日本の四季を感じさせる行事が多くていいですね。子供は週1回のコンピュータークラスも楽しみにしていて、いつも帰宅して報告してくれます。母親同士も友人になれますし、親子共々満足しています。連絡帳があり、何か書くと必ず先生が返事を下さる点もとてもいいと思います。
● キンダーランド・アカデミー
Kinderland Academy /
Premier Preschool in Katong!Katon: 5A Crescent Road (S)439291
TEL:478-0480 FAX:478-0482
対象:ナーサリー(1歳半〜4歳)、幼稚園(4〜6歳)
クラス:全日(月〜金7:30〜18:30、土7:30〜14:00)午前(7:30〜13:00)、午後(13:00〜18:30)
月間保育料(GST込):全日$1,088、半日$688
幼稚園 20年以上の歴史を持つキンダーランド・アカデミーは、ブキティマ校に続き99年10月カトン校を開園したインターナショナル幼稚園。園児の国籍はバラエティに富んでいて、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ各国、日本など、世界各地の子供たちが仲良く通っています。 この幼稚園の教育方針は、子供が持つ可能性を最大限に引き出すべく、IQ(知能指数)とEQ(情動的知能)を等しく重視するもので、創造性の開発、身体の健全な発達を育むと同時に、考える心や思いやりある心の 育成も大切にしています。
クラス編成は、教師の目が行き届くよう配慮されています。 プログラムは総合的な能力開発を重視しており、使用言語は英語と中国語。大きな特徴のひとつは、ヤマハとタイアップしてのミュージック・プログラム。このほか、スピーチ&ドラマ、クリエイティブ・ティンキング、キンダーフィットネスプログラムなど、バランスのとれた幼児教育を実践。
算数や読み書きはもちろん、創造性を伸ばす音楽教育やフィットネス教育をカリキュラムに採用している点が大きな特徴です。コンピューター・プログラムもあります。子供たちの将来を見据えた能力開発を重視します。 家庭とのコミュニケーションも大切にし、学習内容や幼稚園での様子などを伝える連絡帳があります。質問などがあれば、連絡帳に記入すれば先生が答えてくれます。 見学やお問い合わせ、入園は随時受け付けてくれます。通園バスもあります。

お母様から一言:息子が一歳半の時から通っています。ここを選んだ理由は、家から近い、インターナショナルだから、いろいろな国の園児がいる、日本人の先生がいらっしゃるなどです。アットホームでとても面倒見の良い幼稚園。先生方が優しくていい方ばかり。園児約8人に対し先生は2人。子供も初めからすんなり馴染んで、毎日楽しくて仕方がないみたいです(笑)。日本人の先生が懇親会に同席して下さるし、連絡帳も日本語でOK。半日クラスに通っていますが、こちらの都合で日によっては全日預かって下さるなど、柔軟 に対応してくれる幼稚園です。
● リトル・スクールハウス・インターナショナル
The Little Skool-House By-The-River177
River Valley Road#05-01 Liang Court (S)179030
TEL:339-3488 FAX:336-8506
対象:トドラー(2歳)、ナーサリー(3歳)、プレイグループ(4歳)、K1(5歳)、K2(6歳)
クラス:全日(8:00〜19:00)、半日(8:00〜14:00)
月間保育料:全日$900、半日$650ISS
先進的な幼児教育センターとしてシンガポール有数の歴史を持つのがリトル・スクールハウス。日本人教師とシンガポール人教師が指導する日本人クラスがあります。 
この幼稚園の主な特徴は、バランスのとれた教育、文化交流の重視、各家庭との密接な連絡・協力、充実した園外活動など。学習面では、先生が基礎的なコンセプトを紹介し、それから先は子供たちが自分の目で見、経験して確かめる体験学習を重視。
単に机に向かっての学習ではなく、例えば野菜を学ぶ時は実際にスーパーに出かけます。どんな野菜があるのか実物を自分の目で確認します。ウエットマーケットに行き、1〜3ドルで何が買えるのか楽しく研究することも。
語学はクラスを2グループに分けての少数制で指導。系統だったカリキュラムの下、習ったことをどんどんふくらませていく「スパイラル・メソッド」により、楽しみながら学ぶうちにみるみる実力がつきます。
卒園生のお母様から「小学校進学後、学習上の問題が全くない」と感謝の電話が来ることもあります。運動にも力を入れており、毎朝外遊びをするほか、近くの公園に行ったり動物園やバードパークなどへ出かける園外活動も。
文化交流も重視。シンガポール人や外国人園児も通っているため、毎日の生活の中で自然と他国の文化に触れられる環境です。日本人クラスの使用言語は英語と日本語ですが、シンガポール人らと接しているうちに中国語の歌を習得することも。
家庭とのパートナーシップも重視。2〜3カ月毎にお母様方とのお茶会を開催したり、両親と園児の朝食会もあります。毎月ニュースレターを発行するほか、半年に一回成長の 様子を書面で通知。昨年は、家庭訪問も実施されました。親からの質問や相談は随時受け付けてくれます日本人クラスは4月開始、3月終了ですが、進学の都合により12月卒業もOK。入園は随時可能。通園バスもあります。

お母様から一言:息子(5歳)は毎日、幼稚園に行くのをとても楽しみにしています。学習するというより、「今日は何をするのかな?」という好奇心、期待感が大きいようです。実は英語や植物、栄養など様々な知識を習っているのですが、本人にとっては「習う」というより「楽しく体験する」感じ。夕食のおかずの色どりが冴えないと、色どりや栄養を習ったばかりの息子が、「トマトを入れたら、色がきれいになるし栄養もよくなるよ」と教えてくれます(笑)。学校と家庭との連絡が密で、一体感がある点もいいと思います。
● ISSインターナショナル
ISS International School  Singapore Lower School
25 Paterson Road (S)238510
TEL:235-5844 FAX:732-5701
Website: http://www.iss.edu.sg
E-mail: iss@pacific.net.sg
対象:プレスクール(3歳)、K1(4歳)、K2(5歳)
クラス:プレスクールは2時間半、3時間半、4時間半、5時間半、6時間半から選択K1&K2は8:00〜14:30
保育料(学期=6カ月、GST込):プレスクール(2時間30分保育の場合)$2,884(月約$480)、K1&K2$5,665(月約$940)
81年に設立された、プレスクールから高3レベルまで一貫した総合国際校です。所在地は、プレスクールから小4までのローアースクール(オーチャード)と、小5から高3までのアッパースクール(プレストン・ロード)に分かれています。 
この学校の第1の特色は、生徒が世界各国から集まっていること。国際校の名に恥じず、学校全体の生徒たちの国籍は何と45カ国にも及んでいます。プレスクール、幼稚園児の国籍も様々で、各国の子供とお友だちになれます。幼稚園は1クラス園児約12人に対し、教師は2人。少人数制で、きめ細かい指導が特徴。個性を大切にし、伸び伸びとした雰囲気の中で基本マナーもしっかり指導します。使用言語は英語。日本人など非英語圏の園児には、教師が丁寧に英語を指導してくれるので安心です。
第2の特色は、プレスクール(3歳)の保育時間を5種類の中から選択できること。例えば、最短の2時間半保育でスタートし、慣れてきたら最長の6時 間半保育に切り替えることが可能。登園時間も、午前8時、午前10時、正午から選べます。 
第3の特色は、日本人の津本先生(アッパースクール)が相談やカウンセリングなどに対応してくれること。定期的に開かれる学校と保護者との懇談会では、学校への質問や問題などを語り合うことができます。第4の特色は、幼稚園でもコンピューターを導入していること。早期から楽しくコンピューターに親しめるよう、プログラムが工夫されています。通学バスもあります。 
小学校以上は課外活動(ECA)があり、語学やスポーツ、音楽、ボランティア活動など多 彩なプログラムが揃っています。お母様から一言:娘(4才)が入園したばかり。駐在が長くなるかもしれないので、上の学校があり設備が整った総合国際校を選びました。初日は心配でしたが、すぐ馴染んでくれました。園児の国籍が多彩で、集団生活の中でいろいろ学んでいます。先生が優しいながらも、食事時の作法や後片づけなど日常生活での基本マナーをきちんと指導してくれる点もいいと思います。
● ハングリー・キャタピラー・プレスクール
Hungry Caterpillar Pre-School
Centre61 Kaki Bukit Avenue 1 #06-01 Shun Li Industrial Park (S)417943
TEL:747-5886、747-9162 FAX:747-5762
E-mail:harry@hungrycaterpillar.com
Website:www.hungrycaterpillar.com
対象:18カ月〜6歳クラス:半日(7:30〜13:00または13:00〜18:30)全日(7:30〜18:30)、土曜(任意)7:30〜14:00
月間保育料:半日$580、全日$980
21世紀の幼稚園と呼ぶにふさわしい革新的な教育法を掲げてイースト・コーストに登場したのが、ハングリー・キャタピラー・プレスクール。著名建築家が設計を手がけた校内は、窓が広く明るい雰囲気。創造性を引き出せるよう考慮された設計で、教室間は壁でなく曲線の柔らかいパティション(間仕切り)で分けられており、開放感がいっぱいです。 ユニークな校名『ぺこぺこイモムシ』は、お 腹を空かせた幼虫がモリモリ食べて美しい蝶に成長する姿を、知識をどん欲に吸収し技能や能力をぐんぐん伸ばす子供になぞらえています。教授法は、米国で開発さた最新教育プログラム「プロジェクト・アプローチ」。
子供が秘める様々な能力や技能をフルに引き出すべく、プロジェクトやテーマに沿って、楽しみながら多角的に学習する方式です。幼少時から問題の解決・対処法を学びトレーニングを積むことが重要、との見地に立ち体験学習も重視。社会見学が毎月実施されます。例えば12月は『食べ物』のテーマの下、マクドナルドで体験学習。厨房で調理プロセスを見たり、店内のポスターや装飾についてみんなで話し合い(美術)。さらに会計の話題(算数)、食品貯蔵・栄養の話題(科学)、フレンチフライポテトなどの名前の由来(言葉、歴史)など、ひとつのテーマから多角的に学びます。このほか、お店ごっこなどのロールプレイや劇もあり、楽しみながら自主的に学んでいきます。
「興味や『なぜ?』という疑問を持つことが大切。質問は大歓迎。知識にハングリーな子供であってほしいですね」(顧問のバードン博士談)。 見学、お問い合わせ、入園は随時受け付け中。通園バスもあります。お母様(オーストラリア人)から一言:明るい環境としっかりした教育方針が気に入りました。ビルの最上階で、屋上の遊び場に隣接している点もいいですね。園児の国籍はいろいろ。先生は子供たちのパートナー&友だちという感じ。先生が一方的に教えるのではなく、子供同士で相談したり互いに学び合うことでチーム ワークの大切さも学んでいるようです。日本人のお友だちもほしいです!(笑)
● ローズモント幼稚園
Rosemount Kindergarten
25 Ettrick Terrace Siglap (S0458588
TEL:446-4636 FAX:444-4075
対象:ナーサリ(3〜4歳)、幼稚園(4〜6歳)
クラス:全日(9:00〜15:00)週5、3、2日午前(9:00〜12:00)週5、3、2日午後(12:30〜15:00)週5、3、2日延長保育(15:00〜17:30)
保育料(学期=4カ月):全日$4,000(月$1,000)、午前・週5$2,400(月$600)/週3$1,500(月$375)/週2$1,000(月$250)、午後・週5$2,000(月$500)/週3$1,200(月$300)/週2$800(月$200)
イーストコーストにある、シンガポール政府認可を受けたインターナショナル幼稚園。人気幼稚園だけあって、どのクラスにも世界各国の子供たちの姿が見受けられます。教育目標として、@個性を尊重し豊かな人格形成を目指す、A豊かな教育環境の中で主体性を育てる、B思いやりをもって誰とでも仲良く遊べるように育てる、を掲げています。
外国人駐在員の子弟が対象で、園児の国籍は日本、米国、英国、ドイツ、デンマーク、スイス、フランス、スペイン、オーストラリアなど多彩。 言語は英語のほか、第2言語に日本語を採用しているのが大きな特徴。教師は全員有資格者。日本人教師が2人いるので、日本人園児もすんなり馴染める環境です。英語は、ネイティブスピーカーの先生が指導。楽しみながら学べます。年中、年長は毎週、インストラクター有資格の先生から水泳を習います。希望により、放課後エンリッチメントクラス(水泳、音楽、演劇、工作他)もあり。人気のサマープログラムでは、外部からの参加者(小一も可)も受け付けていて、園外のお友だちができる機会にもなっています。
園外活動も盛んです。動物園やスノーシティなどで日頃と違う体験を楽しみます。近くの公園や海へピクニックに行くこともしばしば。ハローウィンやクリスマスパーティなど、インターナショナルならではの親子参加のイベントも多い幼稚園。保護者も行事や運営に積極的に協力していて、クッキングタイムでは各国のお母様方がボランティアでお国自慢の料理を披露することもあります。
全日クラスは昼食、午前クラスはスナック、午後クラスはおやつ付き。
見学、お問い合わせは随時受け付け中。どのコースも通園バスがあります。

お母様から一言:教育方針がしっかりしていて設備も充実しているし、英語と日本語が学べる環境がとてもいいですね。伸び伸びしながらも、情緒面での教育を重視している点もいいと思います。親子そろって世界各国の方々と知り合えるのも大きな魅力。非英語圏の方も多いです。全員が日本語を習っていて、うちの子が外国のお友だちに日本語を教えてあげることもあるようで、結構うれしそ うにしていますよ(笑)。
● KGSインターナショナル・プレスクール
KGS International
Preschool16 Ramsgate Road (S)437462
TEL:342-0100 FAX:342-0200
E-mail: kgs_preschool@pacific.net.sg
対象:18カ月〜6歳クラス:半日(9:00〜12:00)週5、3、2日全日(9:00〜14:30)週5、3、2日
月間保育料:半日/週2$300、週3$450、週5$700 全日/週2$400、週3$550、週5$900
東部カトンの閑静な住宅街にあるフレンドリーな雰囲気のインターナショナル幼稚園。自由な雰囲気の中で、創造性や自主性を尊重したユニークな教育を行っています。 特徴の一つは、長時間子供を机の前に座らせることはなく、遊びや園外活動にも力を入れている点。例えば昨年は空港、ウェットマーケット、フードコート、デパート、本屋、ベーカリーショップなどの見学や、公園での遊びを実施。フードコートでは、園児が自分たちでランチを買う経験をしました。5〜6歳クラスは、「act3」による児童劇も鑑賞します。 
この幼稚園のもう一つの特徴は言語教育。第1言語は英語、第2言語は日本語と中国語で、3言語いずれもネイティブスピーカーの先生が指導。クラスはお話や歌など英語が中心で、非英語圏の園児を考慮し歌を重視しています。楽しみながら自然に英語が身に付くようになる環境なので、日本人も安心。中国語学習は音に親しむのが目的で、挨拶や簡単な文を言えるように指導します。
 「幼児期は基本的な人格形成上、とても重要な時期。人とのつき合いや公共マナーといった基本的なことを学ぶ時期でもあります。この幼稚園では、無理やり詰め込むのではなく、ひとりひとりの個性を尊重し、伸び伸びと保育する方針。ノーベル賞受賞学者が好例ですが、大成した人物ほど幼児時代は大らかに育っているものです」と笑顔で語 るデビー園長先生。日本人教師がいる点も心強い限り。
昼食やスナックも用意してくれます。運動会の企画などお母様方の参加も奨励しています。 クラスは週2、3、5日コースの中から選択でき、途中でのコース変更もOK。1日体験コースもあります。通園バスあり。

お母様から一言:親子で見学に行ってすぐ決めました。第一印象が良かったし、園長先生の人柄と教育方針に惹かれたのが大きな理由。園長先生の英語はとてもきれいで、話しやすい方です。絵本を使ってのレッスンで、子供たちが活発に発言している姿を見て「ここなら」と思いました。日本人の先生から日本語が学べる点もいいですね。
● アルファベット・プレイハウス
Alphabet Playhouse Child Care & Learning Centre
16 Dublin Road
TEL:737-8201 FAX:737-4817
対象:18カ月〜6歳クラス:半日(月〜金7:30〜13:00または12:30〜18:30)、全日(月〜金7:30〜18:30、土7:30〜14:00)
月間保育料:半日$465、全日$650
シンガポール人だけでなく、日本人や欧米人なども学んでいる国際色が豊かな地元幼稚園。MRTサマセット駅から徒歩約5分の中心部にありながら、遊び場はゆったりしています。近所の小学生がボランティアで園を訪問し、園児の世話をしてくれることもある、アットホームな雰囲気の幼稚園です。 使用言語は英語と中国語。総合的な能力開発を重視していて、楽しみながら創造性や能力が開発できるよう、プログラムに工夫が凝らされています。
例えば、毎週1回は特別プログラムを実施。外部からプロの講師を招いてのレッスンで、内容は英語劇あり、中国工芸教室あり、ダンスレッスンありと多彩です。日頃の学習や遊びとは一味違う、個性を発揮できるレッスンが毎週展開されます。年間を通じて、動物園や魚の養殖場、レストランなどを社会見学する園外活動も活発。レストランでは、自分で品物を買う練習もします。年少クラスでは、日常生活上の基本的作法や集団生活のマナーをしっかり指導。お昼寝やシャワーも仲良くみんな一緒です。学習面は、英語、中国語、算数、科学、工作、コン ピューターなど充実。年長はスペルテストもあります。
詰め込み方式の幼稚園ではありませんが、学習レベルは高く、インターナショナル校に進学しても困らないレベルの学力が身につきます。廃品を利用しての工作や、コンピューターに親しむ環境造りなど、生活に密着した学習内容も特色のひとつ。親子参加の年末コンサートもあります。 「子供は吸収が早いし適応能力にも優れています。外国での幼稚園生活、ご両親は不安に思われるかもしれませんが大丈夫。集団の中で遊び学ぶ中で、子供はどんどん成長していきます」と語る穏和なコー園長先生は、自らも子育て真っ只中。入園後の相談にも、気軽に応じてくれます。
見学、お問い合わせ、入園は随時受け付け中。通園バスもあります。

お母様から一言:うちは一人っ子なので、幼稚園に行くようになって友だちが増えました。中途入園ですが、毎日ニコニコして帰って来るので安心しています。英語と中国語も少しずつ話せるようになりました。工作や絵が好きなので、週1度の特別プログラムを楽しみにしています。遊びと学習のバランスがとれていると思います。小さい子にはトイレのしつけもしっかりして下さるなど、先生が優しくて面倒見 がいい幼稚園ですね。
● エヴァーグリーン・モンテッソーリ
Evargreen Montessori
3 South Buona Vista RoadThe Village Centre #02-06 (S)118136
TEL:776-7763
E-mail:egmontessori@pacific.net.sg
対象:プレイグループ(1歳半〜3歳、1回2時間)、ワークグループ(3〜6歳、1回2時間または3時間)、算数(1回1時間 )、フォニックス(つづり&発音、1回1時間)
クラス:プレイグループ週2または週3、ワークグループ週3または週5、算数・フォニックス週1または週2
月間保育料:プレイグループ・週3$300/週5$380、ワークグループ・週3$300/週5$380、算数・週1$100/週2$200、フォニックス・週1$100/週2$200
昨年12月に開園したばかりの、モンテッソーリ教育法に基づくアットホームな幼稚園。
モンテッソーリ教育法は、独自の多彩な教材を使用し、子供の自主性を重視しながら興味ややる気を引き出すよう指導するのが特徴。例えば、18カ月児からお茶の注ぎ方を習います。教材はできる限り実物の生活用品を使用。第1段階では、パスタや小豆など乾物を使ってカップからカップへ物を移し替える動作を練習。物によって音が違うことにも気づかせます。第2段階(スプーンで食べ物をすくう練習)、第3段階(水をカップからカップへ移し替える練習)を経て、最終的にティーポットからカップへ水を注げるようになります。「18カ月児でも3カ月程度練習すれば、ポットから小さなカップへ液体をちゃんと入れられるようになります。私の娘は2歳半ですが、毎朝 コーヒーをカップに入れるのは彼女の仕事。なるべく実物を使うことで、学んだことが実生活に役立てられるようになります」(スー園長先生談)。まな板とナイフを使って果物をカットする練習(木製のおもちゃを使用)や、ピンセットの使い方も指導。これは親指と人差し指の練習になり、鉛筆の握り方を学ぶ時にも役立ちます。
算数とフォニックス(英語のつづりと発音)の学習も、子供の学習意欲を引き出すよう考案されたモンテッソーリならではのユニークな教授法が基本。英語のスペル学習は、マットの上で実物とアルファベットを組み合わせて。楽しみながら知識を身に付けていきます。片づけも子供が自分で行います。ユニークな教材の数々は、子供が飽きないよう毎月変わります。本格稼働する今年は、動物園やピクニックなど園外活動も活発に行う予定です。

お母様から一言:前任地の香港でもモンテッソーリ・プレイグループに通っていて、モンテッソーリ法の考え方に共感しています。この幼稚園を選んだ主な理由は、新しい、モンテッソーリの教材が豊富、園長先生自らが子育て真っ最中で子供の気持ちをよくくみ取って下さるから。先生は優しいし忍耐強く待って下さる一方で、しつけもきちんとして下さいます。この幼稚園に入れて良かったですね。モンテッソーリ法に共感できる方にお勧めしたい幼稚園です。

その他幼稚園リスト(順不同)



【インターナショナル幼稚園】


● カナディアン・インターナショナル・スク ール
Canadian International School5 Toh Tuck Road (S)596679
TEL:467-1732 FAX:467-1729
http://www.cis.edu.sg
対象3〜6歳。
保育料(学期=6カ月):午前(8:50〜12:00)$3,200(月約$530)、午後(13:15〜15:15)$2,150(月約$350)
昨年創立10周年を迎えた、人気上昇中の総合国際校。幼児教育では楽しい遊びを通じて言語能力や自信、自立性を育成すると同時に、マナーや協調性の開発も重視。通学バスあり。
● オーストラリアン・インターナショナル・スクール
Australian International School201 Ulu Pandan Road (S)596468
TEL:463-9595 FAX:463-9555
http://www.ais.com.sg
プレスクール:対象3〜4歳、9:00〜15:00。
保育料(学期=3カ月):週2$1,165(月約$380)、週3$1,750(月約$580)、週5$2,920(月約$970 )
園から高校までの総合国際校。42カ国、千人以上が在籍。伸び伸びしながらも、きちんとした躾指導が定評ある学校。学習だけでなく課外活動やスポーツ、芸術活動も重視。通学バスあり。
● イートン・スクール
Eton SchoolMain School(本校)51 Broadrick Road (S)439501
TEL:346-6922 FAX:346-6522
hppt://www.etonhouse.com.sg
対象18カ月〜6歳。
保育料(本校、学期=3カ月):午前9:00〜12:30$2,100(月$700)、午後13:00〜15:30$1,800(月$600)、全日9:00〜15:30$3,000 (月$1,000)(スケジュール・保育料は各校により相違あり)
本校のほか、ニュートン校(日本人教師常駐)など全4校あり、日本人園児も在籍。言語は英語中心、第2言語は日本語か中国語。

【地元幼稚園】


● マンダリン・ガーデン幼稚園
Mandarin Gardens Kindergarten
9 Siglap Road Mandarin Gardens (S)448910
TEL:443-5428 FAX:241-7508
対象4〜6歳。
月間保育料:ナーサリー半日(8:30〜11:30または正午〜15:00)$485/全日(8:30〜15:00)$850、K1&2半日$575/全日$970
イーストコーストのコンド内にあるキリスト教系幼稚園。レッスンは英語(第2言語中国語)、子供の能力開発を重視。先生のケアが行き届いていると定評ある幼稚園。ホリデーキャンプもあり。
● パッツ・スクールハウス
Pat's SchoolhouseHead Office: 11 Halifax Road (S)206268?
TEL:296-2668 FAX:294-7596
対象2歳半〜6歳。
月間保育料:午前(8:00〜13:00)$670、午後(13:00〜18:00)$750、全日(8:00〜18:00)$1,200
外国人も多い有名地元幼稚園。KK病院そばのハリファクス、バクレー(ニュートン)、クレイモア(オーチャード)、カトンなど6園あり。ハリファクス校は瀟洒な一軒家。図画工作と音楽を教える日本人教師も。創造性を重視。
● グレースフィールズ・チャイルドケア
Gracefields Childcare
21 Yung Ho Road #03-01A NTUC Lifestyle Centre (Jurong) (S)618593
TEL:265-5745 FAX:265-5089
対象18カ月〜6歳。
全日7:30〜18:30、
半日7:30〜13:00または13:00〜18:30。
「子供好きな先生揃い、要望に迅速に対応してくれて誠意がある、段差がなく教室や廊下が広い、常に清潔、遊び道具が豊富、専任調理スタッフによる食事がおいしいなど長所が多い幼稚園。満足しています。日本人には余り知られていませんが、息子(3歳7カ月)のお友だちができればいいなと思います」(お母様談)。
● ライフ幼稚園
Life Kindergarten
142-144 Prinsep Street (S)188657
TEL:336-0373
対象3〜6歳、
保育時間は月〜金9:00〜14:00。
中心部に位置する人気ある教会系幼稚園。日本人先生による聖書の時間があるほか、道徳教育も充実。年間通じ見学・遠足実施。
日本人学校進学卒園生向け特別クラス(1〜3月)あり。在任30年のフー園長先生は、園児全員の名前を覚えていることで有名な人望の厚い先生。10年近く前の卒園生の名前も覚えているとか。
● グリーン・ パスチャー・チャイルド・センター
Green Pastures Child Centre
28-30 Duke's Road (S)268910
TEL:467-2380 FAX:466-7497
対象2歳半〜6歳。
月間保育料:半日(7:30〜13:30)$300、全日(月水金7:30〜16:00、火木7:30〜13:30)$430
日本人に人気の教会系幼稚園。遊び場広く、伸び伸びした環境。学習以外に協調性やマナー教育も重視。英語と中国語の二言語教育。母親も積極的に運営に参加。日本人学校進学卒園生向け特別クラス(1〜3月)あり。
● ベス・ファンハウス
Beth Funhouse
No.36 Namly Crescent (S)267551
TEL:468-0973  FAX:463-3261
対象20カ月〜6歳。
月間保育料:プレイグループ、ナーサリー1&2全日(7:30〜18:30)$850、半日(7:30〜13:00または13:00〜18:30)$500、K1&2全日$800、半日$450
シックスアベニュー近くの閑静な住宅街にある幼稚園。使用言語は英語と中国語。 個性を尊重し、創造性の開発も重視。毎月遠足を実施。 半年に1回通知表あり。3カ月毎に先生との保護者会(日本人教師同席)も。
● ブルックベール・クレシェ
Brookvale Creche111 Faber Drive (S)129423
TEL/FAX:774-6784
対象18カ月〜12歳。
月間保育料:プレイグループ(7:30〜13:30)$410、ナーサリー1&2・K1&2半日$430、全日(7:30〜18:30)$550、延長(7:30〜15:00)$480
西部の住宅街にあるアットホームな地元幼稚園。日本人園児が多い。子供がのびのび遊び学る楽しい環境造り、創造性教育を重視。遊びのスペースがゆったり。保育時間が長めで、小学生クラスもあり。


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2000 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg