トップページに戻る

まんだりん 面白話

バックナンバー 今月に戻る


2005年 1月

マンダリン「シンガポール華語」 第三十八話

 中国語はシンガポールで「華語」と呼ばれます。「華語」は中国語本土の「漢語」(普通話)とは発音、語彙、文法などがほとんど同じですが、語彙、つまり単語の中には、歴史的、地理的などの違いから中国で使われていないものがあります。今回はシンガポール華語の中にある独特なことばを紹介します。

1、≪阿官a1 guan1≫
 完全に女の格好をしたゲイたちのこと。福建方言から来たことばです。≪人妖ren2 yao1≫とも言います。タイの≪人妖秀≫が有名で、観光資源にもなっていますね。この二語はどちらかというと、差別的なニュアンスがあります。逆に完全に男の格好をした女の人についての特別用語はありません。

2、≪巴刹ba1 sha1≫
 マレー語「pasar」を音で訳したことばで、「市場」のことです。HDBの下によく「巴刹」があります。売るものによって「湿巴刹」と「乾巴刹」に分けられます。巴刹では野菜、果物や肉類だけじゃなく、生地、衣服や祝祭用品なども売られており、庶民的な食所「ホッカーセンター」を併設しているところもあります。ちなみに中国では「市場」を「菜市場」「小菜場」と言いますが、最近、都会では大型スーパーに変わりつつあります。

3、≪巴仙ba1 xian1≫
 パーセンテージ、英語からの音訳語です。8パーセントのことを「8巴仙」と言います。シンガポールの華語華文メディアでは「書きことばとして『巴仙』を使わず、『百分之XX』を使うべし」と規定され、「巴仙」にはまだ完全な市民権が得られていないようですが、日常に使われる話しことばでは頻繁に耳にします。隣りのマレーシアでは、この「巴仙」が正式用語として認められています。気をつけなければならないのは、中国本土へ行ったら、「XX巴仙」と言ってもだれも分かってくれないことです。

4、≪烏龍wu1 long2≫
カラスと竜のことでもないし、ウーロン茶のことでもありません。広東方言の一つで、「間抜け」「馬鹿げた」「間違い」などの意味です。英語訳は「muddled」「confused」です。「掘bai3」という動詞を一緒に使うこと(「掘烏龍」)が多いようです。中国の標準語に見かけませんが、香港、台湾、マレーシアでもよく使われます。

最後にクイズ。
「打包da3 bao1」はどんな意味でしょうか。

ヒント:「包」と関係があります。

答え:食べ物の「持ちかえり」のことです。弁当やレストランなどで食べ残したものを持ちかえりたい時、店員に「打包」と言えば包んでくれます。最近、中国でも使われるように。


中国語とマンダリン

 中国は国土が960万平方キロ、日本の約26倍の広さで、ヨーロッパがすっぽり入る面積です。したがって、地方ごとに「方言」があり、その発音はまったく違います。ヨーロッパでドイツ語とイタリア語が違うように、たとえば北京の人と上海の人とでは、通訳がないと会話が成り立ちません。
そこで、コミュニケーション用の共通語が必要になります。こうして定められた言葉が「マンダリン」です。大陸では「普通語」といい、「普」遍的に「通」用するという意味です。
したがって、「マンダリン」あるいは「普通語」は、中国人および華人の共通言語で、外国人からは「標準中国語」と呼ばれています。

葛珠慧(ガー・チュイフィー)先生

星日外国語学院院長、シンガポール大学(NUS)・南洋理工大学(NTU)日本語非常勤講師。元CCTV(中国国家テレビ局)国際部キャスター


長年シンガポール大学の日本語講師を務められている葛先生は、上海のご出身(現在はシンガポール国籍を取得されています)。ご主人ともども日本留学経験のある親日家です。
超大国アメリカが同時多発テロに見舞われ、ほとんどの国が経済不況に陥っているなか、中国だけが8年連続でGNPを8%以上増加させ、APECの上海開催、WTO加盟、2008年の北京オリンピックなど元気ぶりが目立ちます。
駐在されている方々も、中国への出張や転勤が増えています。また、長年滞在していても、マンダリンができないために不自由を感じておられる方が大勢おられます。この連載を通じて、ぜひマンダリンに親しんでください。


このサイトの無断転載等を禁じます。copyright 2004-2006 Asia Business Network
免責事項について // サイトに対するお問い合わせ:arcins@singnet.com.sg