お探し情報を中心とした、シンガポールの総合情報サイト
一般、ビジネス、お仕事、観光、生活、趣味、掲示板、プロモーション、プレゼント 等
 
 シンガポール お探しネットAsia Business Network   生活情報ページへ



国内交通

MRT(地下鉄)  路線バス   バ ス  目的地路線バス路線番号  

トローリーバス    空港バス   タクシー   レンタカー 

交通事故等


地下鉄(MRT) 路線バス タクシー
SMRT (abn) SBS Bus Guide (abn) Comfort Taxi (abn) City Cab (abn)
SMRTのホームページでMTRの路線、マップ、時間などを案内しています。 SBSのホームページでル−ト番号、主な建物、ロ−ド名などから最適なバスを見つけることができます。 Comfortグループのホームページです。 City Cabのホ−ムペ−ジです。
アイコンをクリックしてください。
アイコンをクリックしてください。
アイコンをクリックしてください。
アイコンをクリックしてください。
アイコンをクリックしてください。



MRT(地下鉄 Mass Rapid Transit)

MRTはシンガポール中心部では地下、郊外では地上(高架)を走る。路線はシンガポールを東西に結ぶ東西線と、南北に縦断する南北線の2つ。エアコンの効いた電車で、速く快適に移動できるとあって、旅行者にもひじょうに利用しやすい乗り物だ。しかもシンガポール中心部には、割合きめ細かく駅がつくられているので便利この上ない。
地下鉄の料金は安く、S$0.70から始まり最高でもS$1.60です。またS$10(別にS$2の預託金が必要)のトランジットリンク・プリペイドカード(TransitLink farecard)がほとんどの駅で購入でき、地下鉄だけでなくシンガポール・バスサービス(SBS)とトランスアイランド・バスサービス(TIBS)に共通して使用できます。さらにS$6のツーリスト・スベーニア・チケットが市中心部の駅で購入でき、正味S$5.50まで使用できます。トランジットリンク・プリペードカードに関するお問い合わせはTransitLink Hotline:7760100まで
詳しくは島内マップをご覧下さい。



★ 路線バス

バス
バスを徹底的に利用するつもりの人は、ほとんどの駅の自動改札の横にあるガラズ張りの案内所でもらえるMRT Handy Guideを入手しよう。コンパクトで路線図や料金表が載っていてとても便利。

SBSバスとTIBSバスが定期的に路線運行をしており、便利で経済的です。観光客にはシンガポール・エクスプローラー・チケット(Singapore Explorer ticket)が手軽で便利です。1日券がS$5,3日間有効の券がS$12で、主要ホテルで購入できます。バス路線ガイド(Transitlink Guide)も主要書店と205BtaddellRoadにあるSBSのヘッドオフィスで求められます。 Tel:2872727
料金の方は、¢60から¢10きざみで最高$1.6まで。なおMRTを積極的に利用しようと思ったら、各駅構内のセールス・オフィス窓口で売られているプリペイドカードのトランジットリンク・カードを持っていれば、乗車の度に小銭を用意する必要もないので便利だ。
移動しながら外の景色を眺めたり、土地カンを養ったりできるという点では、バスの右に出るものはない。旅行者がいちばんお世話になるのが シンガポール・バス・サービス(SBS)。シンガポールでいちばん目にするバスで赤白ツートン・カラー、一部 ダブルデッカー(2階建てバス)やエアコン・バスも走っている。
バスの料金システム
バスはシンガポール市民の足として活躍しているわけだから、とにかく安い。一般に市内を走るバスなら、最低¢50から¢10きざみで最高$1.1まで。ほとんどワンマンで、乗る時には運転手さん行先を告げれば料金を教えてもらえる。

ワンポイント・アドバイス
バスは停留所名の車内アナウンスがありません。地図上で自分の位置を確かめながらバスを利用してください。
バスを降りる際は、壁にあるボタンか天井に着いている黒いゴムの部分を押して、運転手に知らせてください。
バスの運賃は乗車する距離によって決まっています。
バス停の路線案内で確認するか、それがない場合は、乗車の際に運転手に行き先を告げて、運賃を教えてもらいましょう。
運賃を運転手の左側にある箱に入れると、運転手が運賃のボタンを押し、運転手の後ろ側にある箱からチケットが出ますので、それを受け取ってください。
現金で支払う場合は、おつりが出ませんのでご注意ください。
大人と一緒に乗車する身長90センチ以下の子供は無料です。
バスとMRT共通カード"TransitLink Farecards"は12ドルでMRT駅構内のTransitLind Sales Officeにて購入できます。12ドルの内2ドルはデポジットですので、カードを返却すれば2ドルは返されます。
バスでフェアカードを利用する際は、乗車したとき入り口の右手もしくは運転手の後ろにある赤色の箱に青色のボタンのたくさん付いている機械の上部からカードを入れ、自分が支払うべき金額のボタンを押してください。
運賃が解らない場合は運転手に確認してください。
金額を押した後、カードと切符(機械によっては別につけられたところから切符だけ出ることがあります)は機械の下から出ます。
MRTで利用する場合は他のMRTチケットと同様に改札機にカードを入れて使用します。
通常、車で30〜40分の場所にバスを使っていった場合、1.5から2倍ぐらいの時間がかかりますので、お急ぎの場合はタクシーをおすすめします。
乗車した場所に戻る際は、ほとんどの場合、行きで利用した路線の逆方向のバスで戻ることができます。
乗降客の多い停留所には、路線案内の看板があります。目的地の道路名を探し、路線番号を確認してください。
バスをご利用の際は、スーツケースほどの大きい荷物は携帯できない規則になっております。
運行時間はバス、MRTとも始発が5時半から6時頃、最終が23時半頃となっております。
10 バスとMRTの詳しい路線ガイド「TrnsitLink Guide]はシンガポールの書店で販売しています。
11 ここでご紹介した情報は、1998年発行のトランジットリンク・ガイドによる物で、予告無く情報、路線や路線番号など変更になることがございます。どうぞご了承ください。



目的地別路線バス路線番号
目的地(降車地) 路線バス路線番号 オーチャードロードからの路線番号 MRT最寄駅 最寄駅からのバス路線番号
アラブストリート(North Bridge Road, Victria Street) 2, 5, 7, 12, 32, 33, 51, 61, 62, 63, 84, 125, 130, 133, 145, 160, 197, 851 7 Bugis 徒歩
植物園(Napier Road) 7, 75, 77, 105, 106, 123, 174 7, 77, 105, 106, 123, 174 Orchard 7, 75, 77, 106, 123, 174
ジュロン・バード・パーク/ジュロン・クロコダイル・パラダイス
(Jalan Ahmad Ibrahim)
Boon Lay Interchangeから194, 251 - Boon Lay 194, 251
シンガポール動物園(ナイトサファリ)/マンダイ蘭園(Mandai Lake Road) 138, 926, 927(926は日、祝日のみ) - Ang Mo Kio 138
Choa Chu Kang 927
タナメラ・フェリーターミナル(Tanah Merah Ferry Terminal) 35 - Bedok 35
Tanah Merah 35
タン・ダイナスティ・シティ(Yuan Ching Road) 154, 178 - Lakeside シャトルバスが運行されています。154
Boon Lay 178
チャイナタウン(South Bridge Road, Upper Cross Street, New Bridge Road, North Boat Quay, Eu Tong Seng Street) 2, 5, 12, 33, 51, 54, 61, 62, 63, 81, 84, 103, 124, 143, 145, 147, 166, 174, 181, 190, 197, 520, 851 124, 143, 174, 190 Outram Park 徒歩
チャンギ空港(Changi Airport) 16, 24, 27, 34, 36, 53, 858 16, 36 Tanah Merah 24, 34
Tampines 27
クラークキー(Clarke Quay) 2, 5, 12, 32, 33, 51, 54, 61, 62, 63, 81, 84, 103, 124, 145, 166, 174, 181, 190, 195, 197, 851 124, 174, 190 Raffles Place 徒歩
ボートキー(Boat Quay) - - - -
マウント・フェーバー公園(Mount Faber Park) 10, 30, 61, 65, 93, 97, 100, 124, 131, 143, 145, 166, 855 - Redhill 145
マクリッチ貯水池(MacRitchie Reservoir) 74, 93, 130, 132, 156, 157, 160, 165, 166, 167, 852, 855 132, 167 Novena 160, 166, 167
- Bishan 156
マリーナ・サウス(Marina Street) 400 - Marina Bay 400
リトル・インディア(Jalan Besar, Serangoon Road) 23, 64, 65, 66, 67, 81, 97, 103, 106, 111, 125, 131, 139, 147, 160, 851, 960 64, 65, 106, 111, 139 Dhoby Ghaut 64, 65, 97, 103, 106, 111, 139
- - Bugis 徒歩
ワールド・トレード・センター/シンガポール・クルーズ・センター/セントーサ行きフェリー/ケーブルカー乗り場
(Telok Blangah Road)
10, 30, 61, 65, 84, 93, 97, 100, 131, 143, 145, 166, 855 65, 143 Tanjong Pagar 10, 97, 100, 131
- - Redhill 145



トローリーバス
さらにシンガポール・トロリーバス(Singapore Trolley bus)がオーチャード・ロード周辺とタンジョン・パガー〜ワールド・トレードセンター間の市街地域を運行しています。料金は大人S$9、子供S$7で、乗り降り自由、立ち寄るお店やナイトスポットの割引も受けられる特典がついています。運行時間は午前9時〜午後10時まで。チケットは乗車時に求めます。


空港バス
エアポートシャトルサービス
以前運行していた「エアバス」に代わり、エアポートシャトルサービスが空港から各ホテルまでの運行をしています。
エアポートシャトルサービスは6人乗りの車を使い、ご希望のホテルまでお送りするものです。
ただし、セントーサ内のホテルとチャンギメリディアンへのお客様はこのサービスはこのサービスはご利用できません
スケジュール ターミナル1 午前9時から午後11時まで
ターミナル2 午前9時5分から午後11時5分まで
午後9時から午前6時まで−30分おきに運行
午後6時5分から午後11時5分まで−15分おきに運行
料金 大人:S$7  子供:S$5
料金は運転手に直接お支払い下さい。



★ タクシー

シンガポールには5つのタクシー会社があり、ユニークなロンドン・キャブを含めて1万台以上の冷房つきタクシーが営業しています。基本料金は最初の1.5kmまでがS$2.40。その後10kmまでは240m毎に10セントづつ加算されます。このようなメーター表示料金に加え、場合に応じて次のような特別料金が加算されます。
なお、交通渋滞を極度に嫌う政府の方針もあり、市中心部(中央商業地域CBD)でのピーク時の追加料金や、深夜の割増料金、さらに空港から乗った場合の追加料金などあるので、利用時にはタクシーのドアの内側に貼ってある追加料金一覧に必ず目を通しておこう。
チャンギ空港及びセレター空港から乗車した場合、S$3の追加料金。空港へ向かう場合は不要です。
タクシーを事前予約した場合は次のような料金が加算されます。
予約ケース TIBS City Cab Comfort
電話ですぐ呼んだ場合 S$3.20 S$3 S$2.80
30分以上前に予約した場合 S$5.20 S$5 S$4.80
プレミアキャブを予約した場合 S$8 - S$6

有料道路や乗り入れ制限地区への乗り入れの際の料金は、各車毎に自動的に徴収されます。タクシーに関しては利用者の負担となります。料金は運転手の前方のフロントガラスに取り付けられた機械に表示されます。
時間 曜日 イーストコースト・
パークウェイ
セントラル・
エキスプレスウェイ
パン・アイランド・
エキスプレスウェイ
制限地域 セントラル・
ビジネス・ディストリクト
7:30〜8:00 月〜金 S$0.35 S$0.70 S$0.50 S$0.50 -
8:00〜8:30 月〜金 S$0.70 S$1.40 S$0.50 S$0.70〜0.80 -
8:30〜9:00 月〜金 S$0.70 S$1.40 S$0.35 S$0.80 -
8:30〜9:00 - - - S$0.20 -
9:00〜9:30 月〜金 - - - S$0.70 -
9:00〜9:30 - - - S$0.20 -
9:30〜13:00 月〜金 - - - S$0.30 -
9:30〜13:00 - - - S$0.20 -
13:00〜17:30 月〜金 - - - S$0.30 -
17:30〜18:30 月〜金 - - - S$0.70 -
18:30〜19:00 月〜金 - - - S$0.30 -
16:30〜19:00 月〜金 - - - - *S$1.50
11:30〜14:00 - - - - *S$1.50
7:30〜9:30 月〜金 - - - - **S$1
16:30〜19:00 月〜金 - - - - **S$1
11:30〜14:00 - - - - **S$1
ステーションワゴン及びロンドンキャブに乗車の場合、S$1の追加。
クレジットカードで支払いした場合、運賃の10%。
祝日の前日午後6時から当日の正午に乗車した場合、S$1の追加。
タクシーが赤の行き先表示ラベルをダッシュボード、またはフロントガラスに掲示している場合は、勤務時間交代時間で会社に戻る途中ですから、その方向に行く乗客のみ利用できます。



★ レンタカー

シンガポール国内にいる場合はMRTやバス、タクシーが格安で利用できるのでレンタカーを利用するメリットはほとんどない。しかし、ちょっとマレーシアまで足を延ばしてみようか....などという時はレンタカー利用も面白いだろう。シンガポール、マレーシアとも日本と同じ右ハンドルで交通規制も似通っているので、日本で運転しなれている人なら、さほど躊躇する必要はない。初めからレンタカーを使うつもりなら日本から予約していってもいい。



★ 交通事故等 (abn

交通事故の対処方法
基本的には日本と同じです。
交通事故の多くは、不注意や未熟運転による乗り上げ、反転、転落、ガス欠、豪雨中走行時のエンストによる、高速道路での追突です。
時には走行中の携帯電話使用に起因する事故もあります。

不幸にして事故に遭った場合は冷静に対応するように心がけましょう。またむやみに謝ったり、相手を非難することは慎んだ方が無難です。
対応は、相手の車の登録ナンバー、運転免許証、身分証明書の番号、連絡先などを確かめた後に、事故車であることを示すプレートを標示します。プレートが無い場合は街路樹を折ってトランクにはさむ等して、2次災害が起きないようにしましょう。

その後に警察に連絡をして下さい。もし負傷者がいた場合はその救護をして下さい。また、車両には損害賠償等に対応出来る充分な保険を掛けておいてください。詳しくは保険会社に相談をすると良いです。
また、シンガポールの自動車協会(電話:7372444)に加入していれば、いろいろ面倒をみてもらうことができますので、加入をお奨めします。
警察の電話番号は999(日本の110番に相当)です。
救急病院
救急指定病院は公立、私立の両方があり、24時間態勢をとっている。救急車を呼び 出すための電話番号は、 995(日本の119番に相当)と 3373333です。
救急を受付ける病院は次の
通りです。
  Singapore General Hospital(シンガポール ジェネラル 病院) 政府系病院
  住所:Outram Rd., Singapore 0316
  TEL:2223322 緊急受付 3214103

  Alexandra Hospital(アレキサンドラ病院) 国立政府病院
  住所:Alexandra Rd., Singapore 0314
  TEL:4735222

  Mt. Elizabeth Hospital(エリザベス病院)
  住所:Mt. Elizabeth, Singapore 0923
  TEL:7372666 緊急受付 7312218
警察、救急車、救急病院の連絡先は車の中に準備しておくと、いざと言う時に適切な対応が出来ます。
盗 難
被害にあった場合は速やかに管轄の警察に届けるのと同時に、自動車が盗難にあった場合は、日本大使館に連絡をして、マレーシアへの流出防止の手立てを依頼することをお奨めします。
また車内からの盗難防止は、どこへ駐車する時でも外からみえるところに物を置いておかない、貴重品等は持ち出す事。多くの人は安全確保のため駐車時にハンドルとフットブレーキを固定する錠前の付いた専用の器具を使用している。また盗難警報装置を付けるのも良いでしょう。
交通違反
交通法規
シンガポールは左側通行です。交通法規、交通システム等日本と似ていてあまり時間をおかずになれます。(油断は禁物!
最近、交通警察が眼を光らせている対象は、駐車違反、スピード違反、シートベルトの未着用(後部座席も含む)、飲酒運転である。
道路の路肩のところの黄色の平行な2本線は、この区間でタクシーや乗用車の路上駐停車が禁止されていることを示している。
交通違反の対処方法
駐車違反、その他が指摘された場合は、罰金支払い命令書が郵送されてきます。
支払いは小切手を郵送するか、近くの郵便局で現金を支払えばよい仕組みです。
★基本は交通違反をしないことです!!
●車の修理
ニッサンの取扱代理店タンチョンモーター、トヨタの取扱代理店ボルネオモーター等の代理店で修理をするのが良いのですが、予約制なので、緊急の場合には一般の修理工場で行なうことになります。どちらも、技術は信頼できます。
車の購入時に信頼のおける修理工場を教えておいてもらうと良いです。
在留日本人のほとんどは日本車を使っているますが、シンガポールでは部品がなくて修理に困ることはあまりありません。